読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くまモンの飛び地から

〜雑食系ライトリスナーの備忘録〜

いつのまにガオラー予備軍と化しつつある雑食系ライトリスナーの超個人的リトグリのツボを書き散らしてみるw

質問サイトとかで「おすすめのアーティスト教えて」なんて投稿を見かけても,具体的にどういうタイプのアーティストが好みなんだ!?と返答に困りがち。

通算20組近くワンマンライブ行ってる自称雑食系ライトリスナー(笑)の意見としては,好きなアーティストの幅を広げたいなら,今好きなアーティストと何かしら繋がりのあるアーティストを辿っていけばいいんです。

例えば単純にレーベルや事務所が一緒だとか,共通の音楽プロデューサーがついてるとか,同じ作詞作曲家から楽曲提供されてるとか。

あるいはコラボ曲出してたり,ライブで共演したりとか。

そのアーティスト自身が影響を受けてるアーティストだとか。

プライベートで仲がいい,はては家族だったり。w*1

 

最近はYouTubeなんかでも,関連ありそうなアーティストの動画を紹介してくれたりするんで,より見つけやすくなったよね。(  ̄▽ ̄)

今日の本題リトグリことLittle Glee Monsterもまさにそんな繋がりで見つけて興味を持ち始めたのよね。

で,その興味本意でリトグリから色々アーティスト繋がりを探っていくと,さらに面白くなってきたんで,アルバムリリースを記念して!?勝手に書き散らしてみようかと。w*2

 

 

Joyful Monster(初回生産限定盤)(DVD付)

Joyful Monster(初回生産限定盤)(DVD付)

 

 

きっかけはゴスペラーズから

これは以前も言及したのだけど,きっかけはゴスペラーズの「永遠に」のカバーでした。

昨年夏頃,確か,ゴスペラーズの動画をつべ漁ってた時だったかな?

当時のゴスの最新シングル「GOSWING/Recycle Love」がツボにハマってしまって,動画見てたら関連動画でリトグリちゃん達が出てたような……。

リトグリ自体は"NO!口パク"を掲げてるグループとして以前から存在は認識してたのだけどね。

どうやら日テレのZIPのフェスの時のらしいんだけど,リトグリの「永遠に」ライブ映像見て,めちゃくちゃ上手すぎて衝撃を受けたのであります。

 

一時のカバー曲ブームでJ-POP界にむやみやたらカバー曲が乱立してたりして,それでもやっぱ本家には及ばないというか,ただ歌ってるor歌わされてる?みたいな物足りなさをカバー曲に対して感じてしまいがちなのだけど。

この「永遠に」のカバーにはそういう安っぽさがないというか,きちんと歌い込まれていて,何より歌ってる彼女達の歌唱力のハイクオリティーぶりに,原曲を知る者として(何様w)も納得の出来なワケです。

他にもリトグリはカバー曲多数歌っているのだけど,知る限りこの曲カバーが頭ひとつ飛び抜けてると思う。

その頃にはゴス本人達ともライブなどで交流があるのを認識してて,その繋がりで興味持ったという流れ。

 

というか,結構後で知ったんだけど「永遠に」はゴス本人プロデュースなのね,道理であのクオリティーなわけだ。(  ̄▽ ̄)

永遠に

永遠に

  • Little Glee Monster
  • J-Pop
  • ¥250

 

クレジットでさらに見えてきた音楽的繋がり

リトグリの何がツボかって,その高い歌唱力とFUNK/SOULノリな音楽性だったり。*3

となれば,リトグリの音楽を手掛けてるクリエーターさんたち誰だろう?となってくるワケ。

CDTVで見た「私らしく生きてみたい」のFUNK感がどツボにハマったかと思えば,後日Twitterでその曲が亀田誠治プロデュースと知ってテンション上がったやつ。*4

 

さらに後で知ったんだけどデビュー曲の「放課後ハイファイブ」,あれ作曲が福原美穂サンだったのね!!

名古屋で一度彼女のライブ行ったことあったのよ…それも初ワンマンツアーの初日公演,めちゃ貴重。w

北の大地が生んだかのソウルシンガーが手掛けたとなれば,「放課後~」の疾走するグルーヴ感道理で…と納得。

(特にブリッジの憂鬱な気分並べたなら~♪の流れは福原節出てるわ。)

ていうか美穂サン本人セルフカバーも聴いてみたくなった。www

歌ってくれないかなぁ。←

 

んで,話がちと脱線するのだけど,美穂ちゃん色んなアーティストとコラボしてて,昨年FNSでリトグリとコラボしたAIサンがそうだし*5,あと何気に三浦大知*6ともコラボってるんだな。(  ̄▽ ̄)

そういえば,リトグリかれんちゃんは大知リスペクトだよな(  ̄▽ ̄)…はい繋がったー!!w

 

と,こうやって辿っていくと,やっぱリトグリの音楽には出会うべくして出会ったんだな…とか無駄に壮大なこと思うわけです。*7

気に入った曲があったらクレジットを見てグクる,はいこれメモねφ(..)←

 

ど新規ならど新規らしくメンバーについてさらに辿ってみた

リトグリに関しては本当に本当にど新規すぎるので,ど新規ならど新規らしくメンバーのことを少しでも知りたくなるわけです。

 

【Amazon.co.jp限定】Joyful Monster(初仕様付期間生産限定盤)(モンスター柄手鏡付)

まず押さえておきたいのが,現時点でメンバー全員現役JK。

最年長の麻珠,かれん,芹奈は今春卒業。

MAYUとアサヒは2年生。

最年少のmanakaは1年生,つまりデビュー当時まだ中2だったのか(°Д°)

 

そのmanakaちゃんはリトグリで後から合流したメンバーだそうで*8,それ以前からカラオケ番組とかで飛び抜けた歌唱力発揮してて。

MISIAとかSuperflyとか歌ってる動画めっちゃ転がってるけど,当時11歳とか12歳そこらで既に才能の塊やん。

ある時は番組でつんく♂サンにモー娘。のオーディションに来いと言われたことあったなんて。www

manakaちゃんはビートルズマニアのようで,……誰かサンと気が合いそう。(誰だよw)

※因みに丸眼鏡は何の関係もございません。w

 

メンバーの出身地だが,半分が大阪人というね。(MAYU,芹奈,manaka)

かれんちゃんは静岡生まれだけど大阪育ち。

大阪と言えば思い当たるのが,関西のタレントスクールの殿堂,そう!キャレス。

清水翔太とか松下優也とかLeadとか,そりゃあもうたくさんのアーティスト輩出した名門スクールですよ。(  ̄▽ ̄)

もしやリトグリのメンバーの中にキャレスOGいるんじゃね?とググれば,やっぱり,かれんと芹奈がそう。

芹奈ちゃんといえばフェアリーズ藤田みりあちゃん(彼女もまたキャレスOG)と仲良しで"みりせり"とか言われてて。

一度フェアリーズ公式Instagramにリトグリ揃って登場してたことあります。www

先日ラジオで知ったんだけど芹奈ちゃんは元々母親がR&B/SOUL嗜好だそうで,もしかしてリトグリの音楽性の基盤はここにあるのかな?とも思ったり。

(しかし小学生の女の子がバーレスクごっこしてたらそりゃ大人は冷や汗かくわ( ̄▽ ̄;) )

 

かれんちゃんはダンス経験もあるようで,「Hop Step Jump!」のあのヘッドフォンダンスでもその実力を見せてるし,ピアノもハモりもできる多才な方のよう。

実はハモネプにも出てたことがあるそうで,やきそば☆SOULというユニットで出場してたんだって。(°Д°)

ハモネプ発のシンガーも結構いるよねぇー,腹筋学園のボーカルやってたDa-iCE大野雄大とかそうだし。

おーまた面白い繋がり見えてきたぞ。w

 

ヒョウ柄好きだというMAYUちゃんもダンス経験があるらしい。

どうやら彼女は両親の趣味もあって倖田來未の影響で音楽の道を志したようですな。

 

メンバーきってのど天然キャラ(と勝手に認識してるw)アサヒちゃんは北海道出身。

道産子ちゃんなんだー…えっ,もしや!?

そのもしやだった。

彼女は札幌アクターズのOGだそうで,アクターズといえば涼平龍一パイセンやん!!!とw-inds. crew的に過剰反応しちゃうワケです\(^o^)/www *9

つまりAAAのにっしーとかDa-iCEの大輝めんもパイセンになるわけか……。

アサヒちゃんは,現リトグリメンバーで最初に発掘されたメンバーのようですね。

昭和歌謡嗜好なのがなかなか渋い。w

 

 

最後に,私の中ではフェイクの女王と勝手に位置付けてる(←),麻珠ちゃんは山梨出身。

NHKみんなのうたでタップダンサーのHIDEBOHサン率いるチームと共演してたことあるのか(°Д°)

 

歌唱力主義アラサーリスナーのツボ

と,ざっと各メンバーについて挙げてみたんだが,今は楽曲で各メンバーの声を聴き分けられるようになりたいわぁ。

特にかれんと芹奈の声がごっちゃになってなかなか聴き分けられない…orz

manakaとMAYUの声は分かりやすいんだけどね。

アサヒちゃんの声はちと可愛らしい感じ。

YouTubeで「永遠に」の各パート譜面起こしてた主さんおったけど,リトグリって全員がリードボーカルとれる一方で,各パートの入れ替えが結構激しいんだよね( ̄▽ ̄;)

(低音パートはかれんちゃん多い気がするけど)

頑張る。(何をw)

 

そういえば先日坂本美雨サンがラジオ番組でリトグリのことを「アイドルにハマれないコたちがこういうのを待ってた」グループと評してて,まさに私みたいなタイプのリスナーに需要ある件な。(  ̄▽ ̄)

公式によればリトグリのファン=ガオラーの多くは同世代の女の子達らしいのだが,一緒にライブに行った親もハマってしまうアーティストらしく,確かにリトグリの音楽性は70s80s系ベースで作り込まれてる節があるから,Jackson 5とか聴き倒してきた世代には受けそうである。*10

とはいえリリックはモロJK受けな表現が多くて*11,実力派志向といえどメンバーカラーが割り当てられてるあたりちと昨今のアイドルっぽい要素も持たせつつといったところだろうか。

因みに私は…紫かなぁーw *12

manakaちゃんの声好きです。

でもそこはあえて虹色で。(  ̄▽ ̄)

(リトグリ界隈では所謂"箱推し"のことを"虹色ガオラー"というのだそう)

今週末は武道館かぁ。

来月初めてライブ行くのが楽しみで仕方がない。

その前にアルバム予習しなくちゃね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:だから例えばハロプロファンが,あややの旦那がいるからという理由でw-inds.に手出しするとか大歓迎☆www

*2:アルバム「Joyful Monster」の感想は後日できたら書いてみますね^^

*3:これについてはアルバムレビューでまた記事にできたら

*4:その亀田さん昨年末紅白出てたね…椎名林檎のサポートしてて,東京事変復活や!!とツイ民沸いてた

*5:このコラボから福原美穂の音楽性はトゲのある本格派SOULへかなり傾倒したと思う

*6:今更ながら改めて息子くんおめ!!大知もパパかぁー^^

*7:単に世界が狭いだけやろw

*8:リトグリはオーディションでグループが形成されて以来結構入れ替わりが激しかったらしく,かつてはメンバーに城田優の妹とかもいたそうだが,今では元メンバーの存在は黒歴史らしい^^;

*9:リトグリから辿ってきた読者さんいるかも知れないので一応言っておくと筆者は元々w-inds.ファンでありますw

*10:w-inds. crew的にこじつけたこと言うと「Timeless」~「Blue Blood」期の音楽性がそれに近いと思います。つまり私好み。w

*11:自分にはこんな青春時代なかったわーとちと凹むw

*12:ガオラーさん的には"推し"という表現はあまり好まないのだろうか??