読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くまモンの飛び地から

〜雑食系ライトリスナーの備忘録〜

そんなに名古屋は魅力がないのか!?…とコメダ珈琲鹿児島進出に沸くUターン民が語る。

主要大都市8つ(札幌,東京,横浜,名古屋,京都,大阪,神戸,福岡)のうち,名古屋は最も魅力がない都市だというアンケート調査結果が出たらしい。( ̄▽ ̄;)

そうか?

まぁ確かに某夢の国だとか大阪のUSJみたいに遊びにいくようなスポットなんて思い付かないんだけどさ。

 

このニュースに関して,札幌出身の道産子涼平サンが反論ツイしてた。(  ̄▽ ̄)

 

 

だよね,だよね!!そーだよね!? 

と,無駄に食い付きたくなるワタクシ,"くまモンの飛び地"とか言うてる鹿児島県民(笑),名古屋エリアからのUターン民でもあります。

つまり名古屋は自分にとって第2の故郷同然。

てか涼平サン,飯ネタばっかやん…www

なんてツッコみたくなるところでしょうが,名古屋飯然り,そう,名古屋は観光というよりもその地のカルチャーを楽しむ場所だと思うんです。

 

コメダ珈琲鹿児島進出に早速Uターン民食いつくやつw

名古屋のカフェチェーンといえばコメダ珈琲

シロノワールとかいう厚手のパンケーキにソフトクリーム乗っかってるスイーツが看板メニューのあれな。(  ̄▽ ̄)

名古屋時代そこまで頻繁に行ってたわけではないのだけど,友人に連れてってもらって,シロノワールは表面パリパリによく焼いてもらったほうが美味しいとか教えてもらったもんです。

今では全国展開進んでて,いつぞや隣の熊本まで来てたんだが,先日ついに鹿児島上陸しまして。\(^o^)/

 

これには行きたい欲を抑えられず,既に2度行ってる。w

 

珈琲所 コメダ珈琲店 鹿児島国分店

食べログ珈琲所 コメダ珈琲店 鹿児島国分店

コメダの鹿児島1号店は鹿児島の空の玄関口,霧島市にある。

あと4店舗くらいは進出するらしい。


f:id:sai314yo:20161124142407j:image

やはりまずはシロノワールよね。w

結構ボリュームあるのでミニシロノワールから試すのをオススメします。(  ̄▽ ̄)

本当は表面パリパリ焼きにしてもらおうとするところ,オープンしたばかりで混雑が尋常じゃないし店大変そうだから今日は遠慮する。( ̄▽ ̄;)

先にコーヒー持ってこられたんだけど,コーヒーに付いてくる小皿の豆菓子を忘れてたようで,

「すみません,コーヒーに豆菓子は付きますか?」

と訊いて,持ってきてもらった。

んなこと訊いてくる鹿児島県民いないだろうなぁ。w

というのも名古屋ではコーヒー注文すると小皿につまみ菓子が付いてくるのが普通で,コメダは豆だけど(因みにテイクアウトも売ってる^^),他のカフェではこれがパイの実とかだったりする。

 


f:id:sai314yo:20161124143744j:image

二度目のコメダはモーニングタイムに行ってみた。w

まだ午前中なのにもう店はウェイティングボード出るほど混雑してて,どんだけ鹿児島県民ミーハーなんだ。www

コメダのモーニングはドリンクどれかオーダーすれば,サービスでハーフトーストとゆで卵or玉子サラダor小倉あんが付いてくる。

小倉あんは最近出たばかりのようだが,小倉トーストなんてまさに名古屋名物よね。(  ̄▽ ̄)

名古屋のモーニングはコーヒー1杯でトーストやら何やら色んなサービスが付いてくるのが常識なんだが,中にはもはや朝食フルコース付いてくる喫茶店もあるようで太っ腹や。

 

そんな名古屋のカフェ文化を身近に楽しめるのがコメダなんだよね。(  ̄▽ ̄)

 

ただ,コメダならやっぱり本場名古屋の店舗にも行きたくなるな。

朝7時オープンから既に出勤前のリーマンが来店しては,赤いベロア調のソファに腰掛け新聞広げて"いつもの"ヤツを頼む。

これが名古屋の朝ってイメージ。(  ̄▽ ̄)
f:id:sai314yo:20161124144952j:image

↑どこの店舗だったか,3年ほど前に行った名古屋のコメダ

 

やはり名古屋は名古屋飯を楽しむところだと思ってるw

そんなに名古屋は魅力がない?じゃあ名古屋の魅力挙げてみろ,と言われると,Uターン民のワタクシやはり真っ先に思い付くのが名古屋飯なんだよな。

名古屋時代も一人で名古屋飯食べに出かけたもんだけど*1,Uターン後も名古屋旅行(という名のライブ遠征w)の楽しみといえばやっぱり飯である。w*2

 


f:id:sai314yo:20161124172104j:image

↑これは千種の世界の山ちゃんにて。

3年前一駅隣の今池でALL CITY STEPPERSのライブ行った帰りに食べた時の。

胡椒が効いててめっちゃ美味だったのが忘れらんない。

 


f:id:sai314yo:20161124172639j:image

↑これも3年前の写真で,山本屋の味噌煮込みうどん。

これはどこの店舗だったっけ,名駅界隈だったよーな気がする。

因みに私は一度一味唐辛子を入れると以降それなしでは食えなくなる。w

 

一般的に名古屋飯のイメージは味噌,それも八丁味噌やろうな。(  ̄▽ ̄)

九州の味噌は基本麦味噌なんで(なので九州の味噌汁は麦の粒がお椀の底に残るのが普通),赤だしの豆味噌がポピュラーな名古屋で味噌汁の味に慣れるのに時間かかったもんです。

スーパーの味噌売り場なんて見事に真っ赤ですからね。(  ̄▽ ̄)*3

今でもスーパーで赤だしの味噌見かけると味噌煮込みうどん作りたくなる。

ただ,本場のようなアルデンテの麺なんて九州じゃ手に入らないからフツーのうどん使うけどね。w

 


f:id:sai314yo:20161125152346j:image

↑これは一昨年Timelessツアーで名古屋遠征した時に食べに行った矢場とん味噌カツ丼

ただ,私にはちょっと甘すぎた^^;

 

とまぁこの辺は名古屋飯の中でも極めてベタなところなんだが。w

しかし独自の進化を遂げてる名古屋飯,新たな名古屋飯たるもの続々出ているらしいな。(  ̄▽ ̄)

なんつーか,名古屋飯はハイブリッドな印象がある。(車ではないw)

シロノワール然り,天むすとか,あんかけパスタとかね。

食べ歩きしてみたいもんだ。

 

ただ,先述の赤味噌然り,名古屋の味は独特なんで,好みが分かれるのも事実。

初めて名古屋訪れたのが学生時代のことで,名古屋テレビ塔きしめん食べたんだけど味が好みに合わなくて^^;

それからしばらくきしめんは避けてたのだけど。

でも移住して3年目くらいだったか,セントレアきしめん食べたら普通に美味しくいただけたので,今思えば舌が名古屋の味に慣れたのかな?と思う。

 

「名古屋は魅力がない」発言は名古屋人気質からくる自虐か?

「名古屋はよそに誇れるところがない」という声は閉鎖的な名古屋人気質からくる自虐ではないか?という見方がある。

 

ふむ…,確かに就職で名古屋にやって来た当時,閉鎖的というか,地元の人達はどこか人見知りが多い印象を受けたのよね。

実際,地元の方に言わせると,新参者が現われると,声かけようかとは思うんだけどつい躊躇いがちだという。

そこに鹿児島からオープンでぶっ飛んだノリそのまま飛び込んじゃったもんだから,きっと何か変なヤツ来たぞ…とか思われてたんじゃないかと。^^;

当時はホントカルチャーショック受けたもんです。*4

でもね,名古屋は情に厚い人達でもあると思うのよ。

お互いを知って仲良くなるのには時間がいるのだけど,打ち解けてしまえば大丈夫。

単身でやってきた私,地元の方に色々お世話になりっぱなしだったよ。

 

名古屋人はせっかちで運転が荒いとも言われる。

これはホント。

実際道路走ってて恐い思いしたよ。

こともあろう信号交差点で無理な追い越しするし,職場の目の前で大型トラックが事故起こしてたこともある。

業務中にガシャーン!!!!!と音がして吃驚したわヲイ( ̄▽ ̄;)

TOKYOや大阪と違って,名古屋は車社会だからね…車が多いんですよ。

(一応地下鉄もあるんだけどねぇ。。。)

東名なんてしょっちゅう渋滞してる。

そこはやはり大手自動車メーカーの力が及んでるからだろうか。w*5

まぁお陰で渋滞にイライラしなくなったけどね。(  ̄▽ ̄)((渋滞中は好きな音楽かけたりFM愛知聴いたりしてのんびり通勤してたもんです。^^))

 

名古屋は派手で見栄っ張りだというイメージもあるが,これはどうなんだろう?

結婚式なんぞ呼ばれたことなかったので実際どうなのか知らんが,少なくとも言えるのはやたらデカい結婚式場が多い。w

ただ,これは鹿児島県民の私個人的に思うことなんだけど,名古屋人そこまで派手なイメージなかったよーな気が…*6

箱入り娘的な,所謂"名古屋嬢"のイメージもあるんだろうけど,名古屋巻きにはしなくとも,成人しても親と同居してる女性は確かに多かった気がする。

 

P.S. 先日某番組で名古屋人はブ●が多いとか取り上げられてたけど返答に困るのでスルーで。( ̄▽ ̄;)

 

何となく名古屋のw-inds. crewはメンズが熱狂的なイメージあるw

さてこっからはちょいヲタク話。


f:id:sai314yo:20161130154742j:image

一昨年w-inds.のTimelessツアーで名古屋遠征したときの事だが,MCの中でメンバーでなぜか慶太だけ男性ファンの熱烈コールが聞こえる件。

(女性)「龍一~!!」「涼平~!!」(男性)「慶太ぁぁぁぁぁぁ!!!」みたいな。w

実際に叫んでる野郎いた。w

 

名古屋時代から私は,名古屋のw-inds.ファンは男性が熱狂的なのでは?というイメージ持ってて。

大勢の女子達がいる中でそこらに4,5人くらいFCチケ片手にたむろってる若いメンズたちがいたり。

ある時はグッズ列の後ろでお洒落に気合い入ってる若いメンズ二人組が「見れば分かるよね」とw-inds.の魅力をやたら熱弁してたり。

涼平サンとオソロのあだち充T着てる高校生くらいの男子見かけたこともあるし,衣装コスプレしてくるツワモノもいた。(  ̄▽ ̄)

 

実際w-inds.との関連性はどうかは分からないが,名古屋はHip-Hopベースの特徴的な音楽カルチャーが根付いてるので,それと関連性があるのでは?という気がする。

例えばSEAMOみたいに名古屋を拠点として活動してるアーティストはいるし,その名古屋の音楽カルチャーを象徴するのがずばりトウサミこと東海サミットだ。(会場は三重県だけどw)

よく考えてみれば今度特番復活するダンス番組「スーパーチャンプルー」も中京テレビだしね。(  ̄▽ ̄)

 

いっそのこと名古屋で男性限定ライブやっちゃえばいいのに。

ゲストにトップダンサー招致してイベントやるのもいい。

 

(あっ,そういえば三浦大知が「(RE)PLAY」でタイアップしてるブレイクダンスの大会も名古屋だ。)

 

なんだかんだ言って名古屋はカルチャーを楽しむところだ

以上全くもってまとまりのない記事になってしまったのだが,結論としてやはり名古屋はどこか観光に行くというより,そこに根付く独特の文化を楽しむ場所だというところ。

真っ赤なスーパーの味噌売り場でも,セレブの店ばっか&最上階はリア充のたまり場的な名駅のミッ●ランドス●エアに立ち寄るのもいい。

時間をかけて知れば知るほど,名古屋は面白い場所なのだ。(  ̄▽ ̄)

 


f:id:sai314yo:20161130160503j:image

 

 

*1:ある時は日本ガイシでの東方神起のライブMCに触発されてあつた蓬莱軒のひつまぶし一人で食べに行ったこともあるwww

*2:インスタグラマーなら飯テロし放題なのが名古屋の魅力。w

*3:余談だが八丁味噌を名乗れるメーカーは2社しかないんだよね。

工場見学に行ったことあるけど,味噌作りに使う大樽を作る職人に後継者がいないため大事に使い回してるとか言うてた。

*4:というかむしろ鹿児島オープンすぎるんじゃないかとも思うんだよな。w

Uターンして気付かされたけど,猫被ろうものならすぐにビリビリ化けの皮剥がされるレベルwww

*5:因みに本社のある市はそのメーカーの車ばっか走ってるなんて都市伝説的に言われてるっぽい気がするけど,はっきり言います,ガチです。w

*6:むしろ鹿児島のほうがぶっ飛んでるよーな気もする…南国気質的なアレかしら。w

【ネタバレ】三浦大知 Daichi Miura Live Tour 2016 (RE)PLAY 11/26 @ 福岡サンパレス


f:id:sai314yo:20161127155807j:image

今年もまた大知のライブで福岡サンパレスにやって来た。

何回福岡リプレイしてるんだろう?もはや庭や。w

(というか今月既に3度も福岡行ってるしwww)

 

今日はあいにくの雨だが,会場は立ち見も出るほどの大盛況。

やはり今年はMステにも出演するようになったし,新規のファンとかめっちゃ増えたやろうなぁ(  ̄▽ ̄)

流石である。

 

今日の座席は3階席。

高い……( ̄▽ ̄;)

それでも大知の圧巻ステージを十分体感できるだろう。

 

ステージは幕が覆われててツアーロゴが投影されている。

開演前の最後のアナウンスの後,1階席らへんのだいちゃーサン達を中心に大知コールが沸き起こる。

3階席のオーディエンスも手拍子で応じる。

何とも温かい雰囲気や。

 

定刻より約5分ほど押しての客電落ち。

 

 

 

 

 

 

M-1 Unlock

ステージには3つの可動式でキューブ型のユニットが組まれてて,それぞれバンドのブースになってる。

その一つ一つネオンが点灯する度沸くやつ。

そして中央のユニットの上から大知登場!!!

一人そのステージに立つ様の存在感のデカさ半端ない。www

そしていきなり1曲目から鍵こじ開けにかかるなんて既に大興奮の域であります(≧▽≦)

衣装は赤×黒のブルゾン。

ダンサーさんは今回6人。

ってかうち二人女性がおる!!

大知のライブで女性ダンサー見るの私初めてかもしれん。

それにしても初っぱな大知のボーカルがクリアで心地よい。

 

M-2 I'm On Fire

こりゃ序盤のセクションは鉄板ブチアゲ曲投下してくるか(≧▽≦)

(一昨年の鹿児島だったっけなぁー,アンコールでもう一回歌ってくれた思い出の曲♪)

 

M-3 Right Now

お次も定番モノ\(^o^)/

3つのユニットが90°回転するとLEDヴィジョンになってて。

映像は大知アップのカメラワークにグラフィックをMIXしてて,まぁARみたいなもんかな。

 

M-4 FEVER

ダンサーからハットを受け取りハット芸見せたかと思えば,ハットを客席に向かってポーン!!と投げた!!!

からの歌い出し。

ってかイントロのタイミングでもう投げちゃうのか。w

 

M-5 Look what you did

暗転してステージは白い光のカーテン。

そこに赤いグラフィックが重なる。

ここで最新シングルのc/w入れてきたか!!

この曲は語りかけるポエットのような歌い回しなのだけれど,身体で語るってのかな。

暗闇の中で踊る大知らに,白と赤のライティング&グラフィック効果が,静寂の中に潜む情熱みたいなモン感じられて,いや,あの演出はまさにアートそのものだ。

 

 

MCに入ると右へ左へ深々とお辞儀してる安定の大知くんです。(  ̄▽ ̄)

客席の多さに

大知「人,人,人!!」

と大興奮。

大知「もしかしたらこの中で知らない方もいらっしゃると思うので自己紹介しておきます。

どうも三浦大知です!!」

 

今回のツアー"(RE)PLAY"では過去に大知が披露したパフォーマンスを今の大知で再現するという演出もあるらしい。

以前からライブに通いつめてるだいちゃーサン達にとっては懐かしの演出に思い出がたくさん(RE)PLAYされること間違いなさそうだな。

 

次の曲は現時点でこのツアーでしか聴けない曲だって。

 

M-6 Neon Dive (仮)

未発表曲です!!

明るいナンバーで,サビで腕振りコール楽しかった♪♪

 

M-7 Daydream

からの,最新c/w曲ですな!

マイクスタンドが出てきて,ちょろっと操りながら歌っておりました。

 

M-8 MAKE US DO

中央のユニット上に大知,両サイドのユニット上に女性ダンサー二人がそれぞれ立つ。

モノトーンなステージで女性ダンサーを従えて踊る,クールやね。

 

~Dance Number~

↑からほぼ間髪入れず,ユニット上で女性ダンサー一人とペアダンス。

スローテンポ,しなやかな動きでシンクロし合う。

…えっ,女性ダンサー後ろに落ちた……!?!?(°Д°)

ステージで独りぼっちになった大知が踊るソロダンスは胸が張り裂けるような,狂おしいまでの切なさ。

たとえば大切な人が離れていった悔しさ哀しさみたいな感情だろうか。

 

M-9 Delete My Memories

なんとその曲行きますか(≧▽≦)!!

(私が大知の音楽に片足踏み入れるきっかけになった曲がコレなんです^^)

分身大知4人が登場するあのMVをMIXした疾走感あってサイバーチックな映像が使われてて,懐かしい!!

 

M-10 4am

各所に椅子が5台設置されて,各椅子に男性ダンサー4人が付いてのパフォーマンス。

真ん中の椅子だけ空いてる。

そこへ,シルバーのジャケットに衣装チェンジした大知が登場し,哀愁のダンス。

ってかそのすぐ上手側にピアノ置いてる。

大サビで大知ピアノ弾き語りしてた。

 

M-11 The Answer

続けて大知一人,ピアノ一本で弾き語り。

バックの映像はかの逆再生MV。

こういうアコースティックなアレンジでしっかり聴かせるのも大知ライブの醍醐味よね。

 

 

↑の流れは大知曰く"失恋コーナー"と呼んでるらしい。w

これまで色々な作家さんから楽曲提供してもらったのだが,どうも提供される歌詞は"うまくいってない"系が多いらしく…

大知「(曲もらう)…うまくいってない。(ポイ)

(曲もらう)…うまくいってない。(ポイ)

(曲もらう)…うま……くいってない。( ̄▽ ̄;)」

ちょっとまて三浦大知のイメージってそんなものなのか!?w

でもご安心を。

大知「"うまくいってる"曲がありました!!(^o^)」

 

ということでお次はうまくいってる系バラードがくるよ。

せっかくなんでとここで着席を促す大知くん。

後列のファンは素直にすぐ座るんだが,前列ちと躊躇うファンもいるらしく,

大知「座る機会は今しかありません!!!」

なんせ後半はアゲ曲用意してるらしいからな。

大知「今座らないと後でこんなフラッフラになるよ(  ̄▽ ̄)」

とか言うて,足がガクガクフラフラになってる振り見せる大知,無駄にカッコいいぞヲイ。www

 

 

M-12 Two Hearts

というわけで"うまくいってる"系バラード♪

アカペラでサビから歌い出しになってたんだけど,マイクかなり下の方に離して持ってて歌ってたよね♪

ダンサーさん達もパフォーマンスに加わり。

この曲はドラマタイアップだったので,まぁw-inds. crewってかケイター的にもドラマの思い出(RE)PLAYされるやつね。(  ̄▽ ̄)

 

M-13 ふれあうだけで ~Always with you~

からの"ニベア"な(  ̄▽ ̄)

ダンサーさん達がはけて大知一人。

ステージにはキラキラ青い星がいっぱい散りばめられてて綺麗やった☆

 

 

 

M-14 Black Hole

バンドによるセッションで橋渡しのあと,ユニット上に大知と全ダンサーが立ち,皆沸いたかと思いきや…

 

なんと,ここで無音で踊る名技サイレントダンス!!!(°Д°)

会場はしーんと静寂に包まれ,固唾を飲んで見守るこの空気感がまたたまんない!!

さぁこっからはアグレッシブにメドレーいくで!!

 

M-15 Half Of You

お次は大知懐中電灯で客席をあっちこっち照らす演出を(RE)PLAY♪

私は実際に行ってなかったので知らんかったのだけど,3年前のドアツアーの再現なんですね。^^

照らされた客席ファンここは惜しまずファンアピールするところよ(  ̄▽ ̄)

 

M-16 Illusion Show

今度は男性ダンサー達がステッキ芸を(RE)PLAY♪

ゴージャスでちと60sっぽい?雰囲気の照明演出がハマるよねぇやっぱ。(  ̄▽ ̄)

 

 

というわけで"(RE)PLAYメドレー"お送りしてきたわけでありますが。

 

ここ近年は色んなところからタイアップのオファーいただく機会が増えた大知。

一つはRed Bullブレイクダンスのバトル大会 @ 名古屋。

もうひとつが仮面ライダーの主題歌。

…とここで大知くん仮面ライダーのポーズやっちゃうし。wwwww

 

そのタイアップ曲続けていっちゃうよ!!

 

M-17 (RE)PLAY

さぁ,最新シングルにして今回のツアーのタイトル曲です!!

何度だって(RE)PLAYしたいわ。(  ̄▽ ̄)

 

M-18 EXCITE

ここでは皆さんタオルのご用意を!!

ぐるぐるぐるぐる回してまさにエキサイトしてました(≧▽≦)

 

早いもんでライブも終盤!!

大知「最後まで三浦大知の音楽に触れてください!」

なんて言われたら次もうあの曲やん。w

 

M-19 Touch Me

ほらね。(  ̄▽ ̄)w

お構い無くタッチタッチしまくるぞ(^o^)/

ポップなタイポグラフィ映像が流れてましたわ。

 

M-20 GO FOR IT

あーなんだったっけこの曲,そうだこれ。

(この辺は演出忘れたw)

 

M-21 Turn Off The Light

もう5年くらい前の曲なんだよな。

当時の混乱した世相だとか,今ではMステにも呼ばれるようになったけど柵とか色々アレだったの思い出しちゃったりして感慨深くなっちゃう。

それにしてもここまでスタミナ切れせんよなぁ。

見えなくなるほどに照明落として~♪でリアルに照明が一瞬だけ落とされるのなかなかツボる。(  ̄▽ ̄)

 

M-22 Cry & Fight

本編ラストに持ってきたか!!

ってかいきなりMステでも披露されたアカペラダンスやってくれたもんだから,もう既に感動しすぎてヤバイ(T▽T)!!!!!

頭上からMVに登場する赤い網カーテンがパッと垂れ下がる。

どこかわびさびたたえたこういう曲って序盤~中盤でクールダウンするようなイメージがなんとなくあるんだけど,まさかラストに感動を残してくるとは……。

もうなんかすごすぎて語彙力。( ̄▽ ̄;)

赤い網はアウトロでパッと落ちてエンディング。

 


f:id:sai314yo:20161128170921j:image

 

大知コールに応えてアンコールに再登場。

 

本編だけでもかなりの曲数歌ってたけど,ホントは他にもやりたかった曲たくさんあったらしい。

大知「全部やったら12時間かかっちゃう( ̄▽ ̄;)www」

ファンはそれでもいいと思ってるのだけど,実際12時間もライブあったら大変やろwwwww

 

というわけで,やりたかった楽曲全部箱に詰め込んでくじ引きにして,選んだ曲をアンコールで披露するという企画。

それが(RE)PLAYボックス。

 

DJブースのそばに置いてるボックスを持ってくるなり,

大知「コレが(RE)PLAYボックス。

PPAPみたいな。w」

PPAPて。wwwww

 

各公演ごとに会場入りしてすぐボックス引いて,その動画がInstagramストーリーに掲載されるのだけど,色々しょーもない面白動画とってくうちにだんだんネタ切れ気味だとか。w

今回の公演前にもくじ引いて「これは……!!」とリアクション動画がストーリー投稿されていました。

 

が,ここだけの話。

何度もボックス引いてると同じ曲ばかり5,6回引いてしまうことがあるらしく…

 

なんと,「これは……!!」の後すぐ引いたくじ戻してしまったらしい!!!wwwww

 

ルール違反やんそれwwwww

 

大知「この話墓場まで持っていくつもりだったんですけどwwwww」

その曲も勿論好きなのだけど,今回のツアーで一度しかやってない曲があるらしく,

大知「今日は僕のやりたい曲を歌います!!」

と言えばファン大歓声\(^o^)/

 

しかし,結局ボックス引いた意味wwwww

 

 

EN-1 It's The Right Time

すっかり企画倒れではありますが(笑),なーるほどね(  ̄▽ ̄)

スポットの下で大知語り踊る。

 

EN-2 music

これぞ本当のラスト!!

ダンサーさん達も総出。

いやぁこれほどまでにアンコールに相応しい楽曲があるんだろうか,ひたすら楽しい!!\(^o^)/

 

ここでダンサー紹介。

まずは女性ダンサーから。

KANATAさん,そういえば一昨年BoAダンサーやっててライブで見たことあったわ。(  ̄▽ ̄)

もう一人はERIさん。

男性ダンサー,背の高い方はTaabowさん。

KEITAのバックダンサーとしてリリイベで見たことある!!w

PURIさん,SHINGOさんはDMダンサーズお馴染みメンバーね。

そしてSHOTAさん。

 

バンドは今回フル編成ではなかったのよね。

大知曰く"箱入りバンド"。w

ドラム,キーボードに,DJ大自然さん。

 

そして本日の主役はもちろん三浦大知。\(^o^)/

 

 

 


f:id:sai314yo:20161128173402j:image

 

はー楽しかった\(^o^)/

今回のライブ,昔からライブに行ってる古参のファンと,最近メディア露出が増えたこともあって初めて大知のライブにやって来た新規のファン,その両方の層に向けた最良のアプローチを追求した内容になってたのではと思います。

古参のファンは歴代のライブで披露された演出の再現に思い出(RE)PLAYしまくって。

新規のファンにとっては大知の入門編というか,いわばマスターピース的な選曲になってて,ベストアルバムを聴いてるかのような感じ。

 

ステージ演出は少し控え目になってたような気が。

一昨年のエンタツアー,昨年のFEVERツアーがかなりド派手に振り切った印象強かったからな。

それでも大知のライブは本物だからこその安心感がある。

 

大知にとって"(RE)PLAY"とは単に同じことを繰り返すというよりは,何度もプレイしながら成長してゆく,言ってみれば螺旋階段,スパイラルアップやな。

またライブで(RE)PLAYしたいわ。

 

 

それにしても,11月は異なるアーティストのライブで3度福岡行くなんて自分でもアホみたいな計画だったけど,そのすべてを果たすことができて,スゴい達成感あるわ。\(^o^)/

 


f:id:sai314yo:20161128174543j:image

 

 

 

 

 

2週間後w-inds. FCLTで再び福岡やってきたら穴ボコに負けず賑わってた件

今月ライブで3度も福岡に行くという我ながら遊びまくりな11月。
2度目はw-inds.のFCLTです。

 

先日のDa-iCEは交通費ケチってバスで行き来してヘトヘトに潰れてしまったが,今回は無難に新幹線で。(ってかむしろ今回はそうするしかなかったので)
やっぱ新幹線は楽よねぇ。

 

今回初日公演ということもあり物販が早くに始まるというもんだから急遽出発を早めることになったものの,博多駅着くや例のあの現場ちょっと見てこようと思い。

 


f:id:sai314yo:20161123162605j:image

 

そう,まさかDa-iCEのライブの翌朝に突如現れた例のデカい穴ボコ。
事故当時は既に鹿児島に戻ってたんだけど,バス旅朝帰りの疲れでヘトヘトな中Twitterチェックしてたらトレンドに"博多駅前"なんてキーワード出てきたんで,はてと思ったら…!!
いやどーすんだよこれ…通り沿いのビル倒れたらヤバいじゃん,とまぁ衝撃的だったもんです。
しかしあんなでっかい穴ボコにも関わらず人的被害はほとんどなく,しかもわずか1週間で復旧したもんだから驚きだ。

現場は工事中で,道路は舗装されているのがよく分かる。
w-inds.で再び福岡訪れるまでにここまで復旧するとはなぁ。
セブンイレブン前の歩道も興味本位で歩いてみた。
ここが先日までドカンと落っこちてたなんて信じらんない。
現場周辺はちらほらカメラ構えている通行人の姿が見受けられ,今やちょっとした観光スポットと化していた。w

 

会場は天神エリアにあるので,とりあえず天神に移動。
バスは混みそうだから地下鉄で。
Suica使えるのが有難いなぁやっぱ。
駅からはひたすら歩く!!

 


f:id:sai314yo:20161123162655j:image

今日のライブ会場は先日のDa-iCEと同じ福岡市民会館
グッズの先行購入を済ませる。
しっかしなかなかバクステ当たらないなぁ,いつか当たる日が来るんだろうか。


f:id:sai314yo:20161123162708j:image

会報バインダーでかい。w

時間はまだたっぷりあるので天神に歩いて戻る。
しっかし今日は人多い!!!
結局行動パターンが変わらないワタクシ,例によってスタバる。w


f:id:sai314yo:20161123162721j:image

ジンジャーブレッドラテ。
冬の定番ドリンクですな。
来月はアップル系のドリンクが登場するらしく,こりゃペンとパイナップルがいる案件←

 

この日は天神界隈イベントやってて,一部歩行者天国になってたし,ここのスタバの前や他の各所でよさこいコンテストやってた。
お祭り大好き博多っ子のエネルギーが凄まじい…元気が出るわ。

 

INDOさんに立ち寄ったり,職場土産に博多通りもん買ったり(先日は予算がなくて買えなかった),やはりほぼ変わらぬ行動パターン。w
路上ライブやってる男の子たちも数組見かけたな。

 

市民会館へは再び徒歩で移動。
今日めっちゃ歩いとるわw

到着したときにはすでに入場始まってたんだけど,昨年のFCLTで同じ列にいたファンの方とお会いすることができた。
(昨年共に奇跡の最前列だったんだけど,そのファンの方のラッキーガールぶりがとにかく凄まじく夢のようなFANTASYすぎて…持ってるなぁー(  ̄▽ ̄)w)

 


f:id:sai314yo:20161123162808j:image

先日ゆーだい氏がポーズとってたやつw


f:id:sai314yo:20161123162743j:image
FCLT恒例のお土産,今回は入場時に頂きました。(内容はお楽しみに!)
B-sideだから何気リバーシブル。
しかし継続特典といいこれといい,最近のw-inds.の粗品は旅行という名の遠征グッズ多い気がする。www

 

ライブについては先にネタバレレポUPしたのでそちらのほうへ。
楽しかった!!安定のw-inds.サン達でしたわ。
本人達もすっかり楽しんじゃってる感じ。
MCは相変わらずだけど。w
先日のDa-iCEのライブはメンバーがクラッシャー化してて収拾つかなくなるMC崩壊ぶりだったけど,w-inds.のMCはあれだ,自然崩壊。www

 

終演後興奮冷めやらぬ中めちゃくちゃお腹もすいた。
終電まで時間どうしようか未定だったんだけど,結局先日と同じ店に立ち寄るという相変わらずワンパターン行動。www

案の定,この日はうってかわってw-inds. crewのたまり場になってて,スタッフ増員で対応してた。
先日ライブの日程伝えといて良かったわ。


f:id:sai314yo:20161123163032j:image

店の看板メニューのサラダドリア,ホントはこの前食べるつもりだったけど体調崩してたためあまり食欲がなく食べ損ねたので,リベンジ。
従業員も完食が難しいというほどボリュームが結構あるんですが,完食したぜ(  ̄▽ ̄)

オーナーにも久しぶりにお会いしたんだけど,顔覚えてくださってたみたいで嬉しかったです。

 

お腹を満たしたあとは地下鉄で博多駅へ戻るんだが,天神地下街今日何往復したんだろう?w
そしてこの時期はイルミネーションキラキラ☆


f:id:sai314yo:20161123163045j:image

博多駅戻ると駅前はステージイベントやっててめっちゃ賑わってる。
相変わらずお祭り好きやな,博多。w
駅前は立派なイルミネーションで飾られてて,自撮りしまくるリア充たちのたまり場と化してた。(  ̄▽ ̄)w


f:id:sai314yo:20161123163052j:image

このゲートの向こうにあるのが例の穴ボコ通り。

この日はヤフオク!ドームでBIGBANGのライブがあったそうで,天神でも博多駅でも,帰りの新幹線でもビッペンさん達多数見かけましたわ。

それにしても新幹線の旅はやっぱり楽。
少し高くなるとはいえバスで行くよりメリットの方が大きい,私には。

てなわけで次回は三浦大知のライブでまた福岡行きます♪
今度はサンパレスだから会場間違えないようにしなきゃ。

【ネタバレ】w-inds. FAN CLUB LIVE TOUR 2016-2017 ~B-side~ 11/20 @ 福岡市民会館

15周年記念ライブが全曲シングル曲,先日香港でファイナルを迎えたツアーがw-inds.のマスターピースを取り揃えたセットリストなら,コアなファン向けにはマニアックにc/w曲メインつまりは"B-side"の楽曲でライブをやろう!!というのが今回のFCLTのテーマ。

初日は橘慶太生誕の地福岡からスタートや。


f:id:sai314yo:20161123114246j:image

先日も別のライブで行ったばかりの福岡市民会館
一人参戦だと当たりやすいのか,またしても通路席だし。
しかも通路挟んだ隣PA席やん。www

ステージは小型ヴィジョン埋め込んだセットがWの字に組まれていた。
PA席のスタッフがスタンバイしてるところがよく見えるから,始まるタイミングが分かりやすい。w
開演前のBGMが今回もw-inds.縛りなのだが,スタッフの一人がBGMに合わせて口ずさみながらスタンバイしてて笑った。w

突然BGMが大きくなると早くも客席総立ち。
そして変なタイミングで音が途切れて客電落ち。

 

M-1 Back At One
オープニングそう来たかぁ!!!
10年前THANKSツアーのオープニングを飾った曲,あのバーン!!と圧倒的な破壊力をもった幕開けが蘇るぜ☆
W字組みの下からw-inds.登場!!
涼平髪型デコ出してたな。
ジャケットとボトムスはデニムでジャケットのバックにはワッペンたくさん,ジャケットの下は白のチュニック丈のTシャツ。
慶太はグラサンしてて,黒地に白の柄テーラージャケット。
龍一はあれブルゾンだったっけな,黒地に白のライン入り,シャツは白地にパープルのライン入り。

 

M-2 Pearl Dance
この曲私ライブでまだ聴いたことないけれど,何気リクエスト多かったような。
ってか,サビのハモりの厚みがヤバイでしょこれ!
そうかw-inds.ダンスユニットであると同時にボーカルユニットでもあるのだ,と今更再認識させられたよね。

 

最初のMCは龍一から。
そして先日32歳になったばかりの涼平の番になると客席めっちゃ沸いてた。w
地元福岡出身慶太の番になれば,「おかえり!」の声が上がるわけで,「ただいま!」と返してくれる場面も。\(^o^)/
慶太「福岡が大変な事になっていましたが,それに負けず元気を届けていきたいと思います」
とか言うてて,あー例の博多駅前の穴ボコね( ̄▽ ̄;)ってやつ。(すぐ復旧したけどw)

しかし涼平サン,ほんと32歳に見えない。w
若い時は男らしく見られたい願望があったものだが,今では実年齢より若く見られる事に,涼平サン曰く「ラッキー☆」って思うらしい。w

ぐだぐだMCでお馴染みw-inds.サン達だが,いざ曲ともなれば,えーもっと喋ってー!って声が飛び交うのが常だから,今回はファンがいいよと言うまで喋り続けるという。www
それはそれでしんどい←

 

M-3 Sail Away
横揺れのミドルテンポ
この曲の時だったと思うけど龍一,慶太に肩ぶつかってたよねwww

 

M-4 ヒマワリ
イントロでびんびんアンテナ立ちまくって沸いたよね!!
そうですc/w曲の事前アンケートでNo.1だった葉山さん楽曲。
照明もヒマワリ色。
慶太サンちょっと歌いづらそうだったかなぁー。

 

葉山さんから「ヒマワリ」もらった時の話。
(といっても,既知の話だったけどね^^;)
15周年ということで葉山さんに曲書いてもらおうと頼んでみたら,「実はもうできている」と言われ。
2012年に書いてた曲だが,絶対w-inds.に歌わせるのだと,ずっと取っておいてたのだと。
だったら言ってくれたら良かったのに。
慶太「そこが葉山さんの優しさなんだよね(  ̄▽ ̄)」

 

(※葉山さんのブログによれば,元々この曲は東日本大震災をきっかけに書かれたようです。
タイトルの「ヒマワリ」は被災孤立した気仙沼大島で唯一ライフラインとなっていた小型漁船名に由来。
この曲が希望の灯りになるようにと。
奇しくも,同曲リリースを控えてた矢先,葉山さんの地元熊本が地震で被災。
だからこそ九州でこの曲がライブ初披露されたことの意味は大きいと思います。)

 

デモ音源はキーが低かったそうですが,慶太サン色々キー変えてデモ取って,どのキーが良いかメンバーに相談していたそう。
LINEで連絡取り合ってて。

だがこのLINEで連絡取り合ってる話から
慶太「(やり取りの内容が)流出してないよね?」
とかぶっ込んでくるもんだから話が脱線。( ̄▽ ̄;)
おーい折角いい話だったのに。
涼平「頭の中から葉山さんの話もう忘れたwww」
今回のツアータイトルのB-sideのBはブラックのBだの,表向きの顔はA-sideだの言うてましたが。w
(もうMC崩壊しすぎてやりとり忘れたわw)

 

先日香港公演で今や世界を席巻してるPPAPネタやったら大盛り上がりだった件。
w-inds. crewは国際フォーラムで龍一サンがPPAPネタ披露したことがきっかけで知った人多いと思うのだけど(私もその一人),あれからとんでもない大ブームになるとはなぁ。(  ̄▽ ̄)
涼平サンはPPAPやり方よく知らず,ネタふられて横から龍一サンが小声でフォローする場面もあったという。w

って,こんな話してると案の定福岡でも「やってー!!」の声が上がるわけで。
てっきりアカペラでアドリブ披露してくれるんかと期待したら…

 

えっ,まさかのピコ太郎サンの「PPAP」流れてくるしwwwww
BGM用意してたとか最初からやる気満々じゃねぇかwwwww
で,3人して踊ってたんだが,バラバラやん( ̄▽ ̄;)
涼平サンは先日「嵐にしやがれ」でピコ太郎が二宮和也にPPAPレクチャーする"ニノ太郎"回見てたらしいw

 

しかしこれで終わりじゃなかった!!

 

照明が変わり,今度はまさかのPPAP KEITA REMIX流れてくるし♪wwwww
まさか慶太サンアレンジのVer.生で聴けるとは思わんかった。w
しかも映像で"Pen","Apple"とかタイポグラフィまで出てきたしwwwww
いくらなんでも用意周到すぎるだろwwwww
慶太「照明までカッコよくなってるwwwww」

1月11日発売w-inds.のニューシングル「PPAP」…んなわけないだろっwwwww
涼平サンが「出ません!」とツッコんでくれなきゃ誤解生じるところやったわ←

 

慶太いじられすぎ問題w
涼平サンがなんか可愛いことするとファンはキャーキャーなるのに,同じ事を慶太がするとdisられる件。( ̄▽ ̄;)
慶太「ねぇ何が違うの!?!?( ̄▽ ̄;)」
ファンに言わせてみれば,涼平=可愛い
慶太「じゃあ龍一くんは?」
ファン「カッコ良い!!」
慶太「じゃあ

涼平=可愛い
龍一=カッコ良い
俺=ムカつく

…( ̄▽ ̄;)」
なんて自虐www
ここはキャラ向上のため道産子二人に師匠になってもらうしか。w
慶太「可愛いとカッコいいどっち目指せばいい?」
ファン「両方!!」
慶太「ちょっと待って可愛いとカッコいい合わせたら"気持ち悪い"になるパターンじゃん( ̄▽ ̄;)」

 

 

M-5 Sweetest love
これは昨年のツアーでも披露してたけれどね。
映像が大都市の夜景に彩られて洒落乙なシティポップ感♪

 

M-6 Say so long
これも既にライブで披露されてる曲だけどキャッチーなミドルテンポが力強い。


M-7 Close to you
これまた相当懐かしい曲入れてきたもんだ。
しかしこれを30代の彼らの声で聴けるなんてそれだけでも贅沢なんじゃないかと思ったわ。

 

「Close to you」なんてもう2002年の曲なんですよねぇー。
(当時は慶太の黒髪がツンツン立ってた頃やな。)

 

どのタイミングでのMCだったかはちょっと忘れちゃったんだけど,慶太が曲作りを始めた経緯の話が話題になっておるんで,この記事でも話の主旨を書いときます。

 

w-inds.というグループを守っていきたい(もっとも,応援してくれるファンの支えもあるのだが),もし何らかの大人の事情で曲を出せなくなったとしたら,それはファンに対する裏切りだと思う。
そうなってしまう可能性がもし1%でもあったとしたら…とビビり屋だから考えてしまう。
それから自分で曲を作るようになった。
楽曲があってメンバーがいれば大丈夫だと。

 

(この話は昨年ソロで「FRAGMENTS」リリースした時にインタビューで同様のことを語っています。
もし楽曲がなかったら自分の音楽人生は終わってしまう。
だから生涯音楽を続けていくために,自らの手で曲作りするようになったと。)

 

大人の事情,例えばレコード会社との契約が打ち切られるとか起こりうることなんだろうけど,ミドルティーンでデビューした彼ら,テレビの歌番組がどうのう散々大人の事情に振り回されてきた感があるのはファンのみならず認識されてること。
だけど,いつまでも周りに振り回されるだけの子供じゃいられないよね。
いずれアーティストとして自立していかなければならない。

 

今のw-inds.は最高に楽しい,とメンバー口々に言うてる。

 

c/w曲メインでおくる"B-side"。
だが次に披露する曲は"B-side"じゃないという。
ということは…そういうことよね\(^o^)/

 

 

M-8 We Don't Need To Talk Anymore
新曲,この福岡で初解禁です!!
音数少なくてCoolかつちょっと刺激的?
この曲はダンスパフォーマンスありきの曲ではないかと思いました。
慶太の超絶ハイトーンボーカルでぶち抜いたら,サビ部は実は歌の部分が殆どなくて専らCoolなダンスにスポットが当てられる。
このスポットライトに浮かぶフォーメーションがカッコ良すぎて会場沸いてた。
曲構成がJ-POP離れしてて,慶太サンこんなトラックも作っちゃうんだ,と新たな一面見せつけられた気がする。

 

M-9 Drop Drop
新曲のクールな世界観を引き継ぐこちらの曲もライブ初披露☆
この辺りのセクションはまさにw-inds.の今一番カッコ良い部分を表してるよな。
(さっきのPPAPだのB-sideがどうこうだのぐだぐだ言うてた彼らはどこへやらw)

 

M-10 Somewhere in time
ステージがパッと明るくなり本編シメへ。
この曲何かとよく歌ってる気がするんだけど,最近のお気に入りなんですかね。
大サビ客席マイクで歌ったよね。

 

 

 

 

EN-1 Rock your body
こりゃ3年前のAWAKEツアーの高揚感甦るね☆
タオルとペンラ必須でっせ!!
慶太グッズのネックピロー客席に投げてた。
さらに涼平,龍一のソロパートのところで慶太サンそれぞれに向かってペンラ振ってたよねwww
ヲタクかっ!!wwwww

 

私は今回買わなかったのだけど(え),グッズのペンラには3人が描かれているのね。
慶太「涼平と龍一どっちがどっちか分かんない( ̄▽ ̄;)」
確かに。
慶太「マイクがチュッパチャップスみたいwww」
とか言われたらもはやそれしか見えないやろ。

最後の曲は葉山さん楽曲だって。

 


EN-2 Moon Clock
なんとなんと,デビュー曲のc/w曲を持ってくるとは!!
しかもまさかこの曲をオリジナルキーで歌ってくれることになろうとは全く想像つかなかったよね。
客席に向かって手を振る慶太サン可愛かった(*´ω`*)

 

今回のライブをサポートするダンサーさん達,夏のツアーに引き続きShow-heyさんとMASATOくん。
そして今回は新たに2名のダンサーがcrewの仲間入り。
(GUNMIのSUN-CHANGとkooouya)

ライブ終演には会場から温かい拍手が送られた。

 
f:id:sai314yo:20161123114658j:image

 

FCLTは毎回曲数が少ないので本当にあっという間。
アンケートの意味あったんだかどうだか(苦笑),結局は割りと最近のc/w曲からの選曲が多かった気がするのだが,いやしかしやはり裏楽曲=B-sideにはやはり名曲が隠れておるなぁと。
そしてw-inds.というグループのスタイルを今更ながら再確認させられたライブであった。

 


f:id:sai314yo:20161123114716j:image

 

P.S. 慶太サン最前列のファンからペンラ借りたら会場のみんなペンラ差し出す事案発生w
P.S.のP.S. 道産子タッチに嫉妬するKT…www

【ネタバレ】Da-iCE HALL TOUR 2016 -PHASE 5- 11/7 @ 福岡市民会館

f:id:sai314yo:20161108064444j:plain

 

次回彼らのライブに行くのはホールツアーになってからだ…と思ったPHASE 4 @ DRUM LOGOSから1年以上が過ぎ。

 

ついにDa-iCEのホールツアーが実現!!

ということでやって来ました福岡市民会館

 

この日のチケットは指定席SOLD OUTで立見席も出る大盛況ぶりで確実にファン増やしてるなぁ実感。

当の六面さん達も,まさかここまで大きくなるなんて…と口にするほどである。

 

市民会館は1階席しかなく,後のほうにかけて大きく段差のある構造。

今回私の座席は後方ではあるが,1人参戦の特権かまたしても通路席。www

しかも手すり席で前方も通路。w

これが後々ラッキーなことに…!!!

 

 

ステージは白い垂れ幕で覆われてて,ツアーロゴが投影されている。

これなんか見ただけでも「あーDa-iCEもここまで来たかぁ〜」とやたら感慨深い。

 

 

さて,ここからネタバレ行きますよ〜。

(一部演出ど忘れしちゃってる曲もあるんでちょっと端折りますね。^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

M-1 splash

白幕にオープニング映像が映し出される…もうこんな演出がのっけから見れる時が来るなんて!!

白抜きで各メンバーの映像が流れ。

そして5人揃うと中央の想太がカメラに向かって手をかざすと…

 

幕が切れていよいよライブスタート!!

ステージセットはシンプルな二段構成で,上段ずらりとメンバー並んだポジションからスタート。

序盤から激しくぶち上がるナンバー持ってくるのが正解(≧∇≦)

 

衣装は白シャツにアウターが黒に赤やゴールドイエローのさながら軍服みたいな装飾がしてあるようで,気合い入ってますな。

 

M-2 SHOUT IT OUT

からのデビュー曲もういっちゃう!?(≧∇≦)

イントロから映像とシンクロさせたダンスパフォーマンス披露してて。

腕の動きに合わせて映像に四角が描かれたりとかね。

もう唸るしかなかったです。

 

M-3 FIGHT BACK

からの,炎の映像に切り替わり,はたまたアグレッシヴにぶっ飛ばして行きます。

この序盤3曲からの勢いが凄すぎるし,こりゃDa-iCE10倍パワーアップしたなとすっかり確信しきってた。

(そしてのっけから感激し過ぎて語彙力乏しいw)

 

 

 

ここで最初のMCに入り,Da-iCE初参戦の方々のためにもまずは1人づつ自己紹介しなくちゃね。

まずはリーダー大輝めんだが,昼間天神界隈遊びに行ってたらしい。

うそん,今日ずっと天神界隈おったのに…

福岡では水炊きを賞味したとのこと。

漢字からしてそうなんだけどよく"だいき"と間違えられることが多く(客席からは"だいき"コールがw),最近は間違えられてもあんまり気にしないようにしてるんだとか。w

 

続いてはとーる先生だが,福岡滞在中は寝てたとか。w

 

からの,ゆーだい。

って,前に出る時右足から出るか左足から出るかで迷うとか何やねん。wwwwww

そして自己紹介も若干内容がとーる先生と被ってたし。www

 

続いてそたろーは,自分はマインドハッカーやとか言うて,「ハニー・ソウ」と名乗ってるし。wwwww(本名名乗ってないしwww)

 

しまいには颯くん自己紹介が大輝めんの丸パクリというオチwwwww

よう覚えとったな。w

 

というわけで福岡の盛り上がりぶりに上機嫌なのか初っ端からMCがクラッシュしてる5人ではありますがwwwww

お次は楽しい曲を♪

 

その前にお約束!

気分が悪くなったら近くのスタッフを呼ぶこと(まさに体調崩して気分悪い人ここにいますがw)

携帯はマナーモードに…

 

(携帯の着信音)

 

 

ってヲイ!!!

 

M-4 DATE

…の流れで曲入り。

ここでは先程のジャケットを脱いで白シャツに。

男子の妄想が炸裂してるナンバーなだけに,パフォーマンスが相当オモロイってかふざけまくってる。wwwww

颯くんカメラに向かって突進するし,大輝めんは変顔スマイルするし。www

そこいらに寝転がってみたり,とにかく変な動きの振付オンパレード。www

歌詞に合わせメンバーが並んでキス顔してんのには女子達キャーキャーよね。w

めちゃめちゃコミカルでしたわ。

 

M-5 Fashionable

そのコミカル性は次曲にも継がれていきます。

今度は何やらウォークインクローゼットが3台出てきまして。

みんなして赤系のジャケットをセレクトして羽織るんだが,そたろーだけまだ…?

すると3台のクローゼットに囲まれてそたろー目隠しお着替えタイム。

どんな衣装にチェンジするかと思いきや……まさかのアニマル被り物!!wwwww

かと思えば颯くんも被り物なんかしちゃうし,もう何やねん君達。wwwww

 

M-6 Cynical Life

さて,さんざん笑かしてくれたところでおふざけタイムはこの辺で。

モノトーン系のステージで一転クールなパフォーマンスを披露。

さっきのコミカルな彼らはどこ行ったんだ?という表情のギャップが,良い。

 

M-7 Up To The Stars

コスミックな映像に今度はレーザーが会場を刺してくる

こんな演出が見られるのもホールツアーになったからこそだよなぁ〜とまたしても感動する。

 

 

-SE-

ここではツアーのリハーサル映像と共に各メンバーのインタビューコメントが流れる。

初のホールツアーになり,ダンス,歌への意気込みを語っていました。

 

 

M-8 着れないままのコート

衣装が黒のベストに変わり,ここからはバラードのセクション。

ステージにコート掛けが持ち込まれ,そこに1着のコートが掛けられる。

曲に合わせパフォーマー組が1人ずつコート掛けに向かい合いながら踊る。

颯→徹→大輝の順だったかな。

先程からバックのLEDヴィジョンでカメラ映像が映し出されているのだけど,この曲では映像がモノクロになってて,哀愁漂う。

コートを手にとって狂おしそうにグシャグシャ抱きしめる演出が切なすぎてだな。

アウトロで大輝めんがコートに触れようとして躊躇う振りでカットアウト,シメまで切なさの余韻残す…お見事!

あーこんな演出も見られるなんて感無量だわ。

 

M-9 Reason

哀愁の世界観はこちらのミディアムなナンバーに引き継がれていく。

エモーショナルなボーカルも圧巻モノだが,今更ながら改めてDa-iCEダンスで歌の世界を語るアーティストなんだな,と再認識させられた。

 

M-10 恋ごころ

この流れで新曲持ってきましたか!!!!!

床の上でヒラリと舞うこの美意識な。

 

youtu.be

先日フルMV公開されたので貼っとくね♪↑

 

 

「着れないままのコート」はそたろーが手掛けてるんだけど,大輝めん「良かったよ」と褒めてた。

ただし,褒めるのはこの時だけ!!…って。wwwww

 

ここからはボーカル2人にステージお任せしてパフォーマー組は一旦はける。

ゆーだいとそたろーが出会ったのはかれこれ10年前にまで遡るそうで。

そして初めてレコーディング(?)した曲がこの曲だという。↓

 

M-11 A Whole New World

最強のツインボーカルが披露するのはご存知,ディズニー映画「アラジン」のメインテーマのカバー。

しっかしそれにしてもゆーだい,さらにボーカルがパワフルになったなぁ〜。

 

M-12 Umbrella

ここで再びパフォーマー組がステージに合流するが,おやおや,今度は傘……!?!?

小道具使いのパフォーマンスもやってくれるようになるなんて…なんて感動するのはまだ早かった。

2コーラス目から傘を広げて踊るんだけど,ん!?これは!?!?!?

 

なんと,傘でプロジェクションマッピング!!

ちょっと傘と投影がズレてしまうところもあったんだけど,しかしまた斬新な演出取り入れてきたな。

誰のアイデアなんだろう?やはりMASAOさん発案なんだろうか!?!?

 

M-13 空

雨降りの時もあれば青空の時もあるものです。

そんな流れをくんでか,今度は空の映像をバックに歌ってました。

 

 

ステージにはそたろー,とーる先生,そして颯くんの3人になるんだが,なんだかグッダグダなノリと化してて。

(暴走しすぎてて内容覚えてないゴメン,颯くんが意味不明にブツブツ言いながらステージ上手に行っちゃうのツボったw)

 

ついで黒×オレンジの衣装に着替えた大輝めんとゆーだいが出てきて3人がはける。

開演前にスタッフのTwitterで情報解禁されてたけど,年末ハウステンボスでカウントダウンライブに出演のお知らせ!!

共演にはLinQ等もいることに触れてたんだが完全にドルヲタ大輝めんの趣味やな。www

 

先程はけた3人がやはり黒×オレンジ衣装になって戻ってきたんだが,

想太「なんで5人いる時に(ハウステンボスでのカウントダウンライブ告知)言わなかったの(; ̄▽ ̄)」

確かにwwwww

ところでそたろー,何やらiPad持ってるんだが一体何事?

想太「This is iPad

雄大「世間の流行的にこっちらかもう一個なんか出てきそうだなwww」

あー果物に筆記具ぶっ刺す例のヤツなwww(※PPAP)

 

そたろー持参のiPadで,次の曲は客席の声量を測定して決めるのだという。

歓声の大きかったほうを歌うというもの。

候補に挙げられた曲は「HELLO」と「TOKI」の二択。

さて福岡のオーディエンスが選んだ曲は……

 

 

 

 

 

 

M-14 TOKI

こちらの曲でした。

っていうか,測定する前から既にこっちの曲のほうが有利そうな空気だったのだけど。w

 

M-15 BILLION DREAMS

からのビリオン!!

さらに広くなったステージで,こういうポジティブなせなドンソング歌われると実に元気が出るわね。

 

M-16 Chocolate Sympathy (仮)

何やら今度は椅子が出てきたので,てっきり叙情的なバラード曲でもやってくれるのかと思いきや…!!!

ガッツガツに攻撃的なナンバーぶっ込まれたから不意打ち。

椅子を使ったパフォーマンス=切ない系とかいう私の勝手な概念見事に玉砕。

アウトロで椅子に乗って倒すパフォーマンスに既視感感じたのは私だけじゃない(ry←

 

 

先の曲聴いたこと無かったのだけど,それもそのはず,未発表曲なんですよね。

しかもまだ正式なタイトルが決まっておらず,六面さん達の間では大輝めん曰く"チョコシン"の略称で浸透しているのだとか。

 

しかし今日のMCのぶっ壊れぶりは絶頂なもんで,ゆーだいのボケ連発にとーる先生「お前バカなの!?ほんっとバカなの!?!?」とドキツイツッコミ何度入れてたことか。wwwww

自称マインドハッカー"ハニー・ソウ"が最前列のファンにマインドハッカーチャレンジする場面も。

水,お茶,烏龍茶,オレンジジュースだったかな,4つのドリンクからファンに一つ心の中で決めてもらって,せーので言い当てる,一致すれば成功なんだが…

残念一致せず失敗。。。

 

ライブはいよいよ終盤戦。

最高の夜にしようぜ!!!

(すいません専ら盛り上がることに専念しすぎて?ど忘れしたのでこっからはレポ端折っていきます。←)

 

M-17 WATCH OUT

アグレッシヴでどこか陰もあるナンバー持ってきた。

スピーカーの映像が使われてたことに既視感感じたのは私だけじゃ←もうええ!!

 

M-18 I got you back

すいませんここは忘れてしまった^^;

(なんとなくうる覚えで踊ってるシーン脳裏に浮かぶんだけどなぁ)

 

M-19 ハッシュ ハッシュ

メンバーステージ上段に回り。

ライブでは恒例なんですがサビ入りからのスタート。

映像もタイポでハッシュハッシュしてた。

 

M-20 Back To The Future

さぁタイムワープの旅や。(  ̄▽ ̄)

そういえばこの曲もスッキリ!!で歌ったことあったよなぁ。

(またしても記憶飛んでる)

 

M-21 エビバディ

本編ラスト,最後まで上げてくで↑↑

この曲の時だったんだけど持ってきたペンラが一時付かなくなって,焦りながらもすかさずタオルに持ち変えてノってました。

確か銀テ飛んだのもこの曲の時だったかな?よく考えてDa-iCEのライブで銀テ飛ぶの初めて見たわ。

しかしうちの座席には銀テ届かなかった残念。

 

 

 

EN-1 Bamby Ride

アンコールに応えてメンバー再登場…ってえっ!?メンバーどこにおるんー!?!?!?

客席から登場したようで会場ワーワー大盛り上がりなんだが,どこどこ!?

キョロキョロ探してたら近くの階段から颯くん出てきたー!!

しかも目の前の通路通過!!

遠慮せず「はやてー!!!」とー叫んでたよね。w

通り過ぎる颯くんの腕にタッチできた。(  ̄▽ ̄)

今度はゆーだいも!!

こちらも前の通路通り過ぎたのでお触りできた。w

腕にブレス付けてたな。

そして大輝めんも階段上ってきたんで,「たいきー!!」と叫んでたけれど,大輝めんそのまま下へ戻っちゃったんでお触りできず残念。

そたろーととーる先生は前方のブロックにいたのかこちらからは確認できなかった。

メンバー目で追うのに必死で曲に乗ってる場合じゃなかったよね。www

ステージにメンバー戻るんだがゆーだい危うく遅れるところだった。w

大輝めんグッズのナップサック背負ってた。w

 

EN-2 パラダイブ

この曲といえばそうです!!

皆さんタオルのご用意を!!!!!

ぐっるぐるにタオル回しまくったぜ。

因みに映像がMVロケ地の与論島のリゾートをイメージしたグラフィックになってたのが鹿児島人的に(本土の人間だけど)ちょっと嬉しかったです。

 

MCを挟んで本当に最後の曲へ。

福岡を最高の夜にする最後のチャンスだ!

 

EN-3 You & I

全員がリードボーカルをとるとなればファン歓喜よね。^^

サビのウェーブで生まれる一体感な。

 

ライブの記念に会場みんなで記念撮影。

↑ゆーだい潰れとるがな。w

 

そしてDa-iCEのミート&グリートは「お疲れ様でした!!」コールがお約束。

会場みんな隣の人と手を繋いでご挨拶。^^

 

 

f:id:sai314yo:20161108064527j:plain

とまぁ内容薄すぎるライブレポになってしまったんだけど^^;

でもライブは本当に充実してたってか,まずホールツアーになって10倍パワーアップしたDa-iCEが帰ってきたー!!!!!!って感じで。(//∇//)

ホールならではの演出,新たなアイデアもふんだんに盛り込まれてて,彼らの新たな面をたっくさん見ることができて,もう本当に本当に本当にホールでライブ見れて良かった!!(≧∇≦)

もうそれに尽きてしまう。

私が初めてDa-iCEのライブに行ったのが一昨年のPHASE2でその時の会場がBEAT STATION,ずっと小さいハコだったんだけど,あれから市民会館満員御礼にしちゃうぐらいファンも増えて,当時はまだデビューしたてで不慣れ感否めなかったのが,今やここまで洗練されたグループに進化してるんだもの。

とはいえ,まだまだDa-iCEには成長の余地があるよな!!(  ̄▽ ̄)

 

次回はさらに大きな会場…福岡だとサンパレスかな。

それより個人的には生バンドでのライブも見てみたいんだよね。

また違ったDa-iCEの一面が見られそうな気がする。

 

 

f:id:sai314yo:20161108064500j:plain

 

MCこぼれ話1:

大輝めん運転免許持ってないのには吃驚!!

Wikipediaに載ってない事項www

でも普通運転免許なんてWikiに書かんよね。w

因みに普通運転免許持ってるのがとーる先生とゆーだいの2人。

そたろーは最近原チャ免許取得したらしい。

 

MCこぼれ話2:

大輝めんはPPAPよりネオ・サングラス派らしい。w

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Da-iCEライブで福岡バスツアー満喫のはずが頭痛との戦いになってしまった件( ̄▽ ̄;)



 今月はまさかの福岡3度もライブで訪れることになり。w

しかもみんな男性ダンスボーカル系という趣味ばれるがな案件。w

1発目はこちら↓


f:id:sai314yo:20161108064405j:image

 

さいの目ころころサイコロ…いやDa-iCEです。

Da-iCEはメジャーデビュー後のPHASE2から3,4とライブ行ったことあるのだけど,今回の5よりホールツアーにグレードアップしまして,こりゃ行かねばと!!

前記事にも書いたけど,前回のツアーで次回はホールツアーやって欲しい!次彼らのライブに行くのはホールツアーになってからだ…と自分の中で強く思ってて,それが叶ったわけで。

今回のツアーでは「恋ごころ」MV演出も手がけたMASAOさんが演出を担当しているのだけど,w-inds.の演出でお馴染みということもあり,これは期待しかない。

(ってかMASAOさんw-inds.香港帰りからの福岡入りだったのね…ハードやわ。。。)

 

最近は新幹線で福岡行くことが多いのだけど(確かに新幹線は高いがメリットの方が大きい),さすがに同月に3往復したら家計ヤバそうなんで,今回だけ高速バスを利用することに。

思えばこれが悲劇?の元でした。。。

 

朝が苦手な自分だけど,ライブ当日は無駄に目覚めるのが早い。w

修学旅行かよ。www

 

朝早くのバスに乗り込んで,天神を目指す。

車内には六面さんらしき若い女性の乗客もいて,何気に鹿児島六面さん結構行かれる方多いんじゃ。

この日の天気は晴れ。

今年はなぜか自分がいくライブ雨ばっかりで,もしや自分が雨女なのか!?と思ったけど,やっぱ違うわあめんずの仕業やわ。←

 

予定より早く天神に到着し,最初のミッションを果たすべく大名に向かう。

が,方向音痴なワタクシ早速道一本間違えてしまう。( ̄▽ ̄;)


f:id:sai314yo:20161108064415j:image

↑大名にあるこちらの複合ビルにはモデルエージェンシーも入居している。

その昔w-inds.橘慶太とその兄妹が所属していた事務所で,他に吉瀬美智子もここのOGなんだとか。

って,目的はそこじゃない。(ってか風スポット当たってどうする。w)
最初の目的地はこちら↓

f:id:sai314yo:20161108064258j:image

Ivolish。
大輝めん御用達のフレンチトースト専門店,福岡きっての六面スポットです。

ここの店舗が本店で,他に渋谷と海老名に店舗があるそう。

店舗ごとにメニューが違うそうですな。

1階はカウンター席,2階はテーブル席になってて,テーブル席の方へ。

従業員サン達モバイル端末駆使して業務に当たってて,なかなか最先端だな。

大輝めんはプレーンがお好みだそうですが(ブログで下調べ済w),人気が高いというクロックマダム(¥1500+税)をオーダー。

ランチタイムはドリンクサービス付きということで迷わずコーヒーも。


f:id:sai314yo:20161108064321j:image

 店内もそうだがこういう見るからにヘルシーそうなプレートはカフェ好き女子心まんまと鷲掴みされるわぁ(  ̄▽ ̄)

フレンチトーストのために自社開発したパンを使用しているそうで,オーダー受けたその場でトーストしているらしい。

ちょっと待ち時間があるけど辛抱してね。

チーズ入りのフワッフワで,ナイフ入れる切れ心地も良いし美味しかったです。

 

今日は時間がたっぷりあるのでとりあえずそこらブラブラ。

 

やっぱり寄っちゃうのがミュージックプラザINDO。

f:id:sai314yo:20161108064348j:image

もはやw-inds. crewにLeadersサン達の溜まり場だよねここ。(写真ぶれた御免)

ぶんわだPRに直筆サインが飾られていました。

昨年の夏ツアーから置いてあるメッセージノートがまだあったので,メッセージ残して来ました。

314の両国国技館行ったこと,夏ツアーのこと,ダラダラ長文すみません。w


f:id:sai314yo:20161108064436j:image

 天神行く度行きつけてるスタバでスノーピーカンナッツラテ。

ショットとヘーゼルナッツシロップ追加のカスタマイズが今やすっかりデフォ化。w

次回は冬恒例のジンジャーブレッドラテを賞味したい。

 

スタバった後はとりあえずソラリアのロビーで一休み。

何だか頭がぼんやりしてて身体が重い…旅の疲れかな!?

ならばどっかリラクゼーションマッサージ受けられる店探そう!!

 

というわけで,予定外にもその場で天神界隈のサロンググってホットペッパービューティーとかいう予約サイトで即予約,そのままサロンに向かう。

今更だがこんな簡単にサロン予約できるもんなんだな。

 

約1時間ほどマッサージでリラックスしたところで,まだ時間があるしどうしようかと考えてたところ,Da-iCEスタッフのTwitterでまもなくグッズの先行販売が始まるとのお知らせを受け,そのまま徒歩で会場に向かうことにする。


f:id:sai314yo:20161108064444j:image

 本日の会場は福岡市民会館

昨年春にw-inds.のFCLTで訪れて以来だな。


f:id:sai314yo:20161108064500j:image

 


f:id:sai314yo:20161108064518j:image

 本日の戦利品はタオルなり。

ってか,ここ10年以上に渡りライブグッズのタオル買いまくって来たので,我が家タオル多すぎ問題(; ̄▽ ̄)

でもねぇこれグッズのカタログ見て1発で気に入ったんだよね。

Da-iCEのグッズって割とシンプル傾向かつユニセックスへのこだわりが強くて,デザインセンスが良いんだよなぁ。

流石やわ。

 

開場までまだまだ時間があるので一旦天神の街に戻って,とりあえず職場土産買って。

しかしこの頃には持病の頭痛を発症してて,ヤバイ状況に。orz

 

会場に戻ると,集まった六面さん達の中には制服姿のJKも多数いて,平日だからきっと学校帰りそのままやって来たんだろうなぁと。

流石客層若いなぁ,30代とかもう上の部類だよねきっと。w

 

結局ライブ中も頭痛と吐き気との戦いが続き,もう大変でした。(; ̄▽ ̄)

こんなになるならもっと遅い時間に鹿児島を出発すれば良かった…と後悔。

でもね,不思議なことにライブで曲演奏中は痛みが少し軽くなるんだよね。

音楽って凄い。w

 

別に記事書きたいと思うんだけど,ホント,Da-iCEのホールツアーが実現して良かった!!と強く思えたライブでした!!!

会場がグレードアップすれば,演出もグレードアップしてて,序盤からこりゃ前回より10倍凄いことになったな!!ともう感激しまくりでした(≧∇≦)

様々なアイデアを盛り込んだ演出も試みられてて,こりゃホールツアーならではだなと。

さらに大きく進化したDa-iCEの姿が見れて,演出のMASAOさんGJでしたわ。


f:id:sai314yo:20161108064527j:image

 

この日の福岡は満員御礼の大盛況。

盛り上がりが凄かったし,メンバーもご機嫌良すぎてみんなしてMCクラッシャー化してた。wwwww

大輝めん取りまとめ大変そうだった。www

 

 

今回座席がなかなかのラッキーなポジションでしたわ。

これも詳しくは後日!?w

 

f:id:sai314yo:20161108064537j:image

まさに最高の夜になった福岡市民会館

次回はw-inds.のFCLTでまたこの会場に来まーす。w

 

途上で居合わせた地元の六面さん達と軽く話し込みながら,徒歩で天神に戻る。

帰りのバス待っている間に,以前行きつけていた天神某所のダイニングバーに久しぶりに立ち寄りました。

最近は新幹線で福岡に行くことが多くなったため,足が遠のいていたのよ。


f:id:sai314yo:20161108064550j:image

 当初はフードメニューご馳走になって帰るつもりだったんだけど,体調悪くて食欲がないため,ノンアルのカシスミルクとバニラアイスで軽く済ませる。

ソファー席でのんびり一人飲み。

この日はオーナーが不在で若い男性従業員がカウンターを仕切ってて。

お客さんも私の他に男性客がカウンター席に1人だけ。

ただ,ここ福岡でw-inds.のライブがある日はいつもと明らかに違う客層でごった返す曰く付きの店舗で。w

私が次回w-inds.のライブでまた来福することを話したら,店側はFCLTの日程把握してなかったようで,話して良かったわ。

 

帰りは夜行バスで車中泊

それなりに万全の準備はしてきたつもりだったけど,やっぱり車内はよく眠れなかったorz

結局翌朝帰宅して爆睡してましたわ。

 

やっぱり無理してバスツアーにしたのがまずかったなぁ。

もう若くないんだし?交通費高くてもやっぱ新幹線のほうがメリット大きくていいや。

せっかく素晴らしいライブだったのに,ホント勿体無いことしたな。

 

なので,次回は素直に新幹線使います。w

 

 

 

ってか,翌朝ニュースで知ったんだが博多駅前の道路が陥没事故て(°_°)

ずっと天神界隈で行動していたのであの道路付近には行かなかったのだけど,怖っ。

現場は博多駅からキャナルシティに向かう道路で,どうやらここの地下では地下鉄の工事中だとか。

おいおいおい…週末博多マラソンあるとか言うてたけど大丈夫かよ!?

そしてこの影響で博多駅も停電が発生してるとか。

 

 

会場が離れているとはいえ次回また福岡行くのがちょっと心配になってきたぞ。(; ̄▽ ̄)

 

 

 

 

 

 

11月はライブ三昧だし冬支度もせねば

気がつけばブログずーっと放置してたわ。

元々備忘録的感覚でやってるブログなんで想定内だが。←


最近はPinterestで遊んでるっていうか情報収集に明け暮れてて。
冬の旅行に少ない衣類で着回すテクを研究(別に冬季旅行の予定は今のところないw)していくうちに,カプセルワードローブというモノに興味を持ち。
要は必要最低限の衣類で着回すということなんだが。(別にミニマリストになりたいわけじゃないよw)

そのうち自分のワードローブを今一度見直したくなり,まだ途中経過ではあるんだけど断捨離を実行中。
ここ数年で色んな色のスカートばっか増やした一方で,トップスがなぁ。
傷んで廃棄せざるを得ないモノもわんさか。
ってなわけで思う存分着回すべくベーシックなトップスを中心に買い替えを進めていて,なんか今年例年以上に服買ってる気がする…^^;

ものすごく今更だけど,今はワードローブ管理ができるアプリが色々あるのね。
スマホAndroidユーザな私,MyDressingというアプリ使用してます。
この記事の時点でこのアプリまだ日本語版は出てないんだけど,一部機能課金制の無料アプリです。

youtu.be


毎日のコーデを記録したり(カレンダー機能があればもっと便利なんだけどなぁ^^;),お出かけの予定があれば当日の衣類コーデ計画立てるのに使ってます。
後述するけれど11月はライブで福岡行きまくるので,既に各ライブのコーデ計画中。w

それにしてもこの数日で急に寒くなってきて,今度は防寒対策を考えなければ。
またしても出費…^^;

 

今月はライブで福岡行きまくり

基本ツアーを幾つも追っかけない私,同月に3度もライブに出掛けることなんて今までなくって。
今月は3度も福岡に行くんだけど,何回博多通りもん買うねんw←

 

まずは7日のDa-iCE
ただ今絶賛ホールツアー中。
前回PHASE4でロゴス行った時,満員御礼の押しくらまんじゅうぶりに,そろそろDa-iCEもホールツアーしようぜ…って思って。
Da-iCEのライブ行く時はホールツアーになった時だと自分の中で決めてたのよね。
そしたら今回のPHASE5で初のホールツアー開催ときたら,こりゃ行くっきゃないワケで。

ネタバレは頑なに見てないのだけど,今回演出がかのMASAOさんだそうで,彼の手でDa-iCEのステージがいかに進化しているか見所やろうな(  ̄▽ ̄)

そいや先日iTunesで「恋ごころ」の配信始まったけど,c/wに大輝めんが松浦亜弥100回のKISS」カバーが衝撃的すぎてだな(°Д°)
彼が元々あやや推しのガチなドルヲタで,上京したらあややに会えると思って地元北海道でレッスンに励んでた話は既知のことであるが。
タイトル曲より先にこっちに食いついちゃって,とてもアイドル曲とは思えぬシャレオツサウンドにさらに衝撃を受けまして(°Д°)
ORIGINAL LOVEとかそっち系?

 

100回のKISS

100回のKISS

 

あややの旦那にも感想お伺いしたい←

 

 


そのあややの旦那だが(笑),20日にはw-inds.のFCLT,初日公演ですな。
ってかギリギリになって日程公表するもんだから,いつもの事とはいえ運営ももうちょっと余裕もってスケジュール公表しろよー(-""-;)と愚痴りつつ。
日程出た時どの公演行こうか迷ったんだけど,Da-iCE三浦大知で福岡行くのにw-inds.で福岡行かなかったら後悔するよな…と,結局無難に福岡行くことに。
今回のFCLT,首都圏は激戦だったそうね( ̄▽ ̄;)
"B-side"ということで,c/wメインのセトリになるらしい。
何気に名曲が隠れてたりするもんなぁーc/wは。(  ̄▽ ̄)

どうやらLiveのMIXを慶太サンが手掛けてるらしく?(本人Twitter情報)なんかもうホントw-inds.も実質セルフプロデュース化してるよな。

 

つか,近頃世界中を席巻しまくってるピコ太郎のPPAP,先日慶太サンがトラックから自作でカバーしてたのが傑作でだな。w

ここにDA PUMPKENZOサンがコレオに名乗りあげてきたもんだから本気でMV作る気かよ楽しみすぎるじゃないか。w

真面目に馬鹿やってるというか,ガチなプロによる遊び心は面白くて好きよ。w

 

(ガチプロの遊び心といえば,星野源の「恋」で踊る"恋ダンス"がこれまたブームだが,フェアリーズのそらまひコンビとDa-iCEの大輝めん&颯くんが相次いで踊ってみた動画UPしてて本気出しすぎ案件な。w)

 

そして26日は三浦大知!
福岡2daysあってそれがツアーファイナルになるのだけど,オーラスのひとつ前のセミファイナルのほうに行きます。
(RE)PLAYって新曲のタイトルなのね。
フェアリーズ野元空ちゃんはハマりすぎたのか2度も公演行ったらしい。(  ̄▽ ̄)♪
生リプレイか。w
Instagramで大知がくじ引きで選んだ曲をライブで"(RE)PLAY"する企画をやってて,さて何の曲が選ばれることか。

てか,最近「Cry&Fight」聴く度思うんだけど,この曲4年後の東京五輪でパフォーマンスして欲しい!!なんて妄想してしまう。(  ̄▽ ̄)
演出はリオのTOKYOショー(これ近未来的で最高にクールだったよね☆)と同じチームでさ,どうよ?

 

 

あっ,大知の交通手段まだ確保してないや( ̄▽ ̄;)

 

 

 

p.s. そういえば来春リトグリのツアー決まったけど,福岡公演行きたいんだよねぇ。

プレイガイド先行はまだかなぁ。

 

p.s.のp.s.(11/4追記) 大知の「(RE)PLAY」MVがYouTubeでも公開されたのだが,ゲストダンサーの豪華ぶりはともかく,構成全体に全ダンサーへのリスペクトが感じられるところに好感持てるよね。

youtu.be

昨年のツアーのインタビューだったと思うんだけど,大知コメントがバックでサポートしてるダンサーさん達を立てる発言が多くて,そういう精神がこのMVに反映されてるなぁと。