くまモンの飛び地から

〜雑食系ライトリスナーの備忘録〜

遠征は無理なく計画的に。

9月に入りまして,今月はw-inds.武道館遠征からの地元鹿児島で三浦大知のライブ行くの楽しみにしている傍,どうしても我が第2の故郷名古屋に行きたい欲を抑えられず,先日スタートしたリトグリ秋ツアーの名古屋公演チケット取っちゃったよね。w

ただでさえ夏は出費が多いのに,これまた交通宿泊の手配でさらに出費が増える。www

チケット代より交通宿泊費がかかる,これ田舎あるあるですな。

その件は昨年記事で検証してみたんだけど。

sai314yo.hatenablog.com

 

今回は視点を変えて,交通宿泊の手段からメリット・デメリットを考察。

筆者は鹿児島なので鹿児島視点で書きますが勿論地方によって交通事情は大幅に異なるので,一つの参考までに!

 

 

交通宿泊の手配はトニカク早いが勝ち

基本的にライブで遠征はそんなにたくさんないんだけど(そもそも1公演しか行かない主義なので),もし遠方の会場に行くことになった時はチケットを手配した時点でほぼ同時に交通宿泊の手配も済ませます。

もっというと,抽選エントリーでチケット当落が確定する前に先に抑えることもある。w

特に航空券は価格変動が激しいからです。

早く予約すれはするほど割安なプランがたくさんあるし。

ホテルも早めに抑えておけば安心。

私は出くわしたことないけど,超人気アーティストのライブで現地のホテルが満室になって他のイベントにまで影響が及んでニュースにまでなることもありますね。

 

安さと快適さのバランスが重要!!

どうせ行き帰りできればいいので,トニカク交通宿泊費を抑えたいところなんだけど,何でもかんでも安くで済ませようとするとかえって疲れてしまうんですよね。

ずーっとバス移動で毎回ネカフェのお世話になってたら体力消耗しますわ。w

安さにはそれなりの代償が付き物,はいここテスト出るよー!www

 

実際,昨年同月に3度も福岡に行ったんだけど,経費削減のため1度だけ早朝バスで行ったら朝に弱いのと長時間移動が身体に応えて体調崩してしまいまして。

残り2回は新幹線で移動したけど,交通費がかかるとはいえ最初から新幹線にしておけば良かったな…と。

20代の頃なら夜行バスで大移動しまくるだけの体力はあるかもだけど,さすがに30代とかなってくると少しずつ体力の限界も出てきます。。。

 

宿泊も同様で,安くで泊まれる簡易宿所になると周りの物音が気になって眠れないといことがあるので,それがどうしてもダメなら普通にホテルとったほうがいいし。

安さと快適さは大抵相反するものなので,どっちを取るかバランスよく選びたいものです。

 

以上が個人的に交通宿泊を手配する時の基本的な考え方なんだけど,では実際に交通手段はどうするか。

 

超個人的交通手段の使い分け方

マイカーで

ホントは自家用車でのライブ参戦は駐車場の問題などからあまりオススメできないんだけど,ここ九州の田舎は鉄道路線が少なくマイカー移動が基本なので,一応。

自分の車ならまず交通費を気にしなくて済みますね,気にするとしたらガソリン代くらい!?

中にはマイカーで長距離移動して車中泊する遠征厨もいるかもだけど,私は長距離運転が基本苦手(特に高速道路がダメ…熊本くらいの距離でもパニック起こしてしまうことがある)なので,地元か隣の宮崎方面がやっとですね。

あっでも一度だけ福岡までマイカー走らせたことならあります…集中豪雨で高速バスがダメになってやむなく車で移動したんだけど,河川が増水してたり渋滞に巻き込まれたりで,やっとの事で無事たどり着けました。

今思えばよくあそこまで高速移動できたな。w

 

メリット: 交通費を気にしない,自由にどこでも行ける。

デメリット: 公共の場所へ行くのにあまり好ましくない,運転の負担が大きい。

 

高速バスで

おそらく遠征厨に最も利用されている交通手段ではないかと。

最大のメリットは,やはり交通費が安いこと。

夜行バスで朝帰りなんてこともしばしば。

最近は費用が高くなりますが設備の整った高級な高速バスもあるらしい。

 

とはいえ,バスに揺られても全然平気でぐっすり眠れるならそれでいいんだけど,やはり長時間の移動は体力使います。

3時間くらいならまだしもこれが8時間とか10時間とかなったら,耐えられるか自信がない。^^;

あと,バスは交通事情にも左右されやすいですね。

以前は九州新幹線がまだ全通していなかったこともあり福岡まで出かけるのに高速バスが主な交通手段だったけれど,今では経費削減したいときに利用するくらいです。

 

メリット: 交通費がめちゃくちゃ安い。

デメリット: 交通事情に左右される,長時間移動の負担が大きい。

 

在来線で

別の選択肢が鉄道移動。

まず在来線だけど,鉄道のメリットの一つは,渋滞にはまらないコトではないかと。www

個人的に鉄道移動は大好きです…鉄ヲタって程ではないけど。w

ただ,ここは九州の田舎の鉄道事情,特にローカル線は終電が早すぎて,ライブ終演後に間に合わない,というデメリットがあって。

地元鹿児島のライブでさえも,終電に間に合わない区間があるんだから!!www

現状,最寄駅から在来線のみでの移動は熊本のライブに行くときくらいしか使わないですねぇ。

福岡方面は移動時間がバス以上にかかるし面倒なだけなのでナシ。

あと,青春18きっぷを活用している遠征厨がかなり多いと思うんだけど,三セク線じゃ使えなかったりするので私は利用してないです。w

 

都市部でのライブは在来線移動がメインになるでしょうね。

名古屋時代は基本ずっと鉄道移動でした。

 

メリット: 交通渋滞を気にしなくて済む,移動ルート計画を立てやすい。

デメリット: 長距離だと移動時間がかかる,ローカル線は終電が早すぎる。

 

新幹線で

新幹線での移動は快適だけど,トニカク交通費がめちゃくちゃ高い。( ̄▽ ̄;)

九州新幹線が全通して鹿児島から新大阪まで直通で行けるようになったけど,高いし移動時間もソコソコかかってしまいますね。

昨年大阪行くのに飛行機が欠航になり急遽新幹線移動に切り替えたけどまぁ長旅で,特に九州脱出後が退屈。^^;

一方で福岡方面はものすごく行きやすくなりました。

1時間ちょいくらいみればあっという間に到着するので,めちゃくちゃ楽。

しかも,バスだと夜行で朝帰りしなければならなかったものが,新幹線だと終電まで余裕があって日帰りが可能なので,仕事をしている身なので気兼ねなく予定を立てられるというメリットが大きい!!

バスより交通費がざっと5000円くらい高くなるんだけど,その差で得られるメリットの大きさを考えると,最近は福岡方面への移動は基本新幹線が多いです。*1

ただ,頻繁に利用してると,もっと割引特典が充実してたらいいのにな…と思うところ。

あとは広島方面ですね,3時間くらいあれば行けるので行きやすいです。

 

メリット: 車内が快適,陸路や在来線より断然早い,よほど荒天でない限り天候に左右されにくい,中距離だと日帰りも楽勝。

デメリット: 高い,長距離だとちょっと退屈。

 

 

飛行機で

鹿児島は東名阪どこへ行くにも飛行機じゃないと遠いので,第一選択肢になります。

早いし,特にLCCになると鉄道で行くより断然安くなることだってあるしね。

ただ,騒音やら振動やら気圧の変動に耐えなければならなかったりするし,安全上荷物の制約もあるし,離着陸時は身動き取れないし,そこは辛抱が要りますが。

飛行機は日時によって運賃が全然違うし予約の時期によってかなり価格変動するので,トニカク早めに予約が必須です。

 

メリット: 長距離移動の第一選択肢,鉄道より運賃が安くなることがある。

デメリット: 乗り物酔いしやすい,身動き取りにくい,持ち物が制限される。

 

飛行機の場合は各航空会社によってメリット・デメリットがあるので,合わせて考慮する必要がありそう。

 

FSC

要は大手航空会社,JALANAですね。

最近はJALWi-Fiが使えるなど,やはりサービスが充実しているのが大手。

その分,運賃が高くなってしまいますけどね。

 

メリット: サービスが充実している,快適,機材繰りの影響を受けにくい。

デメリット: 高い。

 

LCC

最近遠征厨の味方と化してるのがLCC

トニカク安い!

ただ,その分受託手荷物や座席指定がオプション扱いで有料だったり。

LCC利用者の多くが手荷物を極力持ち込みだけで済ませるようにしている模様。

他にも所有している機材が限られているので,機材繰りで欠航になることもあるし,時間帯が早朝とか夜間とか,発着が辺ぴな所だったり,安いには安いなりのワケあり。

鹿児島の場合,大阪方面には関空行きのPeachが好評ですね。

ジェットスターは成田とセントレアがあって,バーゲンで爆安になることも。

ただ,運航ダイヤが予定に合わないことがあるため,やむなく大手を選ぶこともあります。

あと予約が面倒。^^;

 

メリット: 安い。

デメリット: 受託手荷物や座席指定が有料,手荷物制限が厳しい,機内が狭い,運航ダイヤが見合わない,機材繰りの影響を受ける。

 

MCC

ミドルコストキャリアといいますか,FSCLCCの合いの子的な航空会社も。

スカイマークとかソラシドがこの類ですね。

メリットはやはり,大手より安いこと。

それでいて機内は概ね快適だし,手荷物の制限もLCCほど厳しくないし,安さと快適さを兼ね備えているので,個人的には気に入っています。

機内オーディオがなかったり,一部サービスが有料だったりするけど(例えばスカイマークの場合だと座席指定が有料),不自由はないかなと。

ただ,LCC同様?限られた機材で運航しているために,やはり機材繰りの影響を受けることも…というか実際に受けたことあります。^^;

 

メリット: 大手より安い,手荷物制限はさほど厳しくない,快適。

デメリット: 一部サービスが有料,機材繰りの影響を受ける。

 

 

宿泊費を抑えるのは結構容易い

ここまでは交通手段を考察してみたけど,もう一つは宿泊費。

実のところ,宿泊費の節約は結構容易いのではないかと。

とはいえ最近は都市部,特にTOKYOはホテルの宿泊費が高くて,同じチェーン店でも地方との差に吃驚します。

九州なんて1泊5000円前後見積もればいいけど,あちらじゃ1泊8000円くらいは見積もった方が良いか!?

交通手段によってはパックツアーを手配した方がお得な場合もあるけど,安いホテルをとって別に航空券とった方が費用を抑えられる場合も。

私の場合,交通宿泊費1泊2日3万円以内という個人ルールを作っていて,それに収まるように手配しています。

 

パックツアーを手配する場合

特に新幹線を利用して泊まりがけの場合は,そもそも交通費が高いのでパックツアー1択です。

探せば通常の往復運賃より安いプランもあるし。

そしてプランは添乗員同行等のない完全フリープラン,出張者向けのビジネスプランから探すといいですね。

ANAの旅作も他の旅行会社よりなかなか手頃なプランがあるので,特に名古屋方面は選択肢の一つになります。

ホテルも快適なシティーホテルやビジネスホテルなので安心。

ただ,関東方面はパックツアーいずれも費用がかかるので手が届きにくいんですよねぇ。^^;

 

因みにホテルの選択なんですが,私の場合安くても,最寄駅からあまりにも遠いホテルは除外します。

駅さえ近くにあれば,会場までの距離はあまり気にしません…鉄道で移動すればいいだけの話なので。w

 

交通機関と宿泊先を別に手配する場合

パックツアーで取るより交通機関と宿泊先を別に手配した方が安くつく場合もあります。

例えば飛行機はLCCにして,別に格安で泊まれるホテルを探すとか。

ただしあまり安すぎるホテルは設備が限られているところもあるので,そこはよく確認した方がいいですね。*2

 

最近はバックパッカー向けで女性も宿泊できるカプセルホテルやドミトリー等の簡易宿所も増えてきたので,特に宿泊費が高い関東方面は選択肢に入れています。

ただ,簡易宿所は営業形態上個室スペースに施錠がない,パーテーションカーテンで仕切られているのでどうしても音漏れしてしまう等のデメリットも。

あと,極度の人見知りサンには不向き。^^;

とはいえ,昔のイメージとは違ってアメニティーがめちゃくちゃ充実していたり,インテリアがお洒落になってるカプセルホテルもあるので,敷居は低くなってるかも。

昨年初めてカプセルホテルを体験したけど,シャワートイレ共同で大丈夫かなぁ!?と懸念があったのが,実際行ってみると共同スペースは温泉の脱衣場みたいな感覚だったので全然平気でした。

ただ,物音でよく眠れない。^^;

 

宿泊費を確実に削る方法として,現地の友人宅に民泊する遠征厨もいたりしますが,流石に私はそんな当てないです。w

あと,ネカフェ難民化する遠征厨もいるけど,安全上よろしくないのでこれも選択肢にない。w

 

 

まとめ

以上,ゴッチャゴチャになりましたが,超個人的交通宿泊の手配についてまとめ。

できるだけ安く抑える,でも無理はしすぎない,がモットー。

無理しすぎて体調崩してせっかくの旅が台無しになっちゃ元も子もないですからね。^^;

それぞれの交通手段また各宿泊施設のメリットとデメリットを知って,安さと快適さのバランスを取って計画すると良いでしょう。

遠征を計画する際に少しでも参考になればと思います。

 

*1:先日ライブで福岡行った家族も新幹線移動で,めっちゃ早かった!!と満足でした。

*2:例えば名古屋は旧ドヤ街の名残で名駅周辺とか安宿多いんだけど,よくよく確認すると設備の限られた所が多いし,女性が泊まるのはどーなん!?な懸念もある。

Pinterest発!女子旅パッキングに役立ちそうな海外サイト5選

備忘録ブログなので更新頻度相変わらず亀ですが。

 

最近リュックを巾着型のマザーズリュックから,anelloのスクエアリュックに買い替えたんだけど,スクエア型のパッキングのしやすさ段違いなこと!!

これキャパ約18Lで,ファスナー下まで開けられるんだけど,落下防止のマチが付いているので実際には半開き。

下半分は着替え詰め込んで,上半分にその他諸々詰め込んで使ってます。

お土産買い込む人間じゃないので,夏場なら3泊くらいでも余裕。

目指せ荷物少ない系女子!!*1

 

パッキング術はPinterestから海外サイトに学べ!!

相変わらずPinterestでネタ収集してるけど,海外サイトのライフハックが多数転がってるので,日本語サイトググるのもいいんだけど,さらに良いネタ見つかったりします。

トラベルハックもまた然り。

今回は個人的にPinterestで見つけてこれ役立ちそうだな…と思った海外サイト5つ選んでみました。

因みに当然ながら英語のサイトなので閲覧の際は翻訳するなりしてください。w

 

Travel Fashion Girl

女性による女性旅行者のためのブログ式サイト。

世界各国の行き先別にパッキング例を紹介している。

なんと言ってもシチュエーションがめちゃくちゃ豊富で,ミニマムな短期旅行から長期のクルーズ旅行まで網羅,さらに出張やスキー旅行などのシチュエーションにも対応している。

初めての方はGetting Startedページから参照あれ。 

特にこの記事は荷物の量別に基本的な衣類パッキング例を紹介しているのでまずは参考にしたい。

 

Her Packing List

アイテムの選定からパッキングまでトラベルハック網羅した女性旅行者向けブログサイト。

ミニマムなパッキング術が豊富で,どちらかといえば女性一人旅やバックパッカー向け。

中には12Lキャパのショルダーバッグで3週間旅行なんてツワモノネタもあってびっくり。w

荷物多すぎ女子は要チェック。

 

livelovesara - My life in a blog by Sara Watson

こちらはファッション系の個人ブログになりますが,旅行ファッションネタもあり。

行き先日数ごとにパッキングリストとコーディネート例を紹介。

リストが非常に洗練されててお洒落。

衣類のリストだけ紹介されているサイトが少なくない中でコーディネート例も掲載してくれてるのが参考になる。

 

Travelista

少ない荷物でコーディネートを十分に楽しむためのトラベルハックサイト。

季節ごとに衣類選びの基本的なステップを紹介しているので,どれから持って行こうか…と迷っているなら参考にしてみよう。

 

The Vivienne Files | Capsule wardrobes inspired by art and nature

こちらも個人ブログですが,Packingカテゴリで旅行ワードローブ例を紹介。

特にカラーコーディネートにこだわったワードローブが豊富。

効果的に着回すのに色は大事な要素なので,色選びに迷ったらチェックしてみよう。

 

 

ここで紹介した以外にも役立つトラベルハックがPinterest通して転がっているんで見つけてみてくださいね。

 

 

 

余談

私事ながらnanapiで記事ライター始めました。

と言っても,まだ記事一つしか公開してないんだけどね。

しかもこれ審査があって運営から校閲入るしボツ記事になることもある。*2

こちらも本当に思い付き投稿になるし自由度は限られてくるんだけど。

本ブログと並行してネタあったらまた書きます多分。←

nanapi.com

 

*1:アラサーが女子言うなw

*2:実際2度目の投稿記事が審査でボツになったw

この頃緩いw-inds. crew兼ガオラー寄り雑食系が6年ぶりにゴスペラーズのライブに行った話。

まだツアー中だし一応ネタバレ禁止みたいなのでネタバレはないです。w

 


f:id:sai314yo:20170629143646j:image

6/24に私の地元鹿児島でゴスペラーズのライブがあったので,讃歌してた。*1

ゴスのワンマンライブに行くのはこれが初めてではなく,6年前のハモリズムツアーで宮崎の都城公演に讃歌して以来。

当時は震災があった年ということもあり,立ち止まらずに歩んでいくという強力なメッセージ性のあるライブだった。

「頑張れ頑張れと言わなくったって,頑張ってる人はいるんだから」という村上さんのMCでのコメントが今でも記憶に残ってる。

 


f:id:sai314yo:20170629144424j:image

↑ラッピングトラックあるとやっぱ実感わくよね\(^o^)/

 

あれから九州もまぁ色々あり,この日の鹿児島も大雨で警報まで出たので,無事開催できるか幾らか懸念もあったよう。

とはいえ開演時間前には殆どのゴスマニさん達きっちり会場に着席してたので,開演も定刻通り…優秀だな!!

ざっと見アラフォーの女性ファンが多い気がするが,結構男性の姿もある。

2月に行ったリトグリのライブは若いファンが多いし,メンバー本人達も当時みんなJKだったから,そこから一気にアラフォー層メインの現場に飛び込むというアラサー女のこの振り幅な。(  ̄▽ ̄)w

だから雑食系は楽しい。w

 

しかしゴスのライブ当日まではなかなかライブ行く実感が湧かなかったのよ。

ご無沙汰だったしモロアウェイだしまさか再び行くことになろうとは思ってなかったし,ツアータイトルの"Soul Renaissance"のRenaissanceの綴り覚えられないし(笑),ライブ楽しめるか不安のほうが大きかった。

さらに悪いことにライブ当日持病で体調がよろしくないという。( ̄▽ ̄;)

 

でも,実際にライブ行って良かった!!心底楽しかった!!

 

ホントは演出のあれこれ書きたいけどなんせSNSとかでもネタバレしないようメンバー本人から度々注意促されてるので,書けないのが惜しい。

まずOPのアレがアレだし,中盤のアレでアレをアレする演出が超絶カッコ良くてワクワクしたし,あの曲歌ってくれるの感動しかなかったし,…うーこの感動伝わらねぇ。w

一つヒントを言うなら,w-inds. crewサンであればきっと「Timelessじゃん!!」ってツッコミ入れたくなるはず…www

 

そしてガオラーさん達にも是非ゴスのライブお勧めしたい。

というか,私自身リトグリちゃん達のライブに初めて行ったことがきっかけになって,久しぶりにゴスペラーズのライブにも行きたい!って思えたのよ。

両アーティストの繋がりは言うまでもなく,実際リトグリちゃん達も関東の公演見に行ってたそうなんだけど,私自身リトグリの音楽との出会いのきっかけがまさにゴスだったからね。

ライブ中もそんなこと回想して感慨に耽ってた。

20年以上現メンバーで活動してるゴスだけど,今やリトグリちゃん達然り,ゴスの背中追ってハモりとかソウルミュージックやってる若手達も少なくないし,なんかもう若手に慕われる良き大先輩な感じ。*2

世間がアカペラ全盛期の時でさえブームとやらに変に振り回されることなく,あくまでも自分達の"歌"と真正面から向き合い続けてきたってのがステージから伝わってきたなぁ。

地道に積み上げてきたものから出てくる安定感ってのかな。

ハモリ前の音取りさえも丁寧に描かれたカリグラフィーみたいな美しさ。

黒沢さん,6年前のライブの時はちょっと声が辛そうな感じだったけど,今回はホント突き抜けるほど好調で,ハイトーンのロングトーンで七色に変化していくビブラートとか絶品すぎた。

北山さんの重厚なベースボーカルとターン芸(笑)も健在だったし。

 

そして歌だけでなくMCもトーク達者。

バンドメンバー(今回はメンバーが新しくなったらしく,何気にリトグリのサポートもされてるバンドメンがいたりする)と兄弟構成の話で盛り上がってたんだけど,兄弟喧嘩で小刀だの木刀だのちと物騒なエピソードも飛び出し,武器よさらばですわ。( ̄▽ ̄;)www


f:id:sai314yo:20170629153933j:image

しばらく国産の男性ダンスボーカルに傾倒してたところで昨年からリトグリちゃん達にハマり,やはり自分が好きなのは"歌"なんだって再認識させられて。

ガオラー化しちゃってから再び行くゴスのライブ,見る目が変わったなぁと我ながら強く実感して。

 

あーネタバレしたい,できない。w

そういえば,ゴスペラーズは終演後ロビーにその日のセットリストが掲示されるのよね。

収録されてるアルバムのジャケ写も併記してたりして,サービス良いわ。(  ̄▽ ̄)

写真撮ってきたけど流石にこれもまだ載せられないね。

公演時間は3時間近くかかった。

 
f:id:sai314yo:20170629155459j:image

↑翌日は宮崎公演を控えてたため,終演後にさっさとトラック横付けされてた。

 

グッズは開演前は混雑してたので終演後に購入。
f:id:sai314yo:20170629154039j:image


f:id:sai314yo:20170629154048j:image

ゴスカフェ。w

ドリップコーヒーパックが5袋入ってて,北山さんイラストのパッケージだけカフェインレスで,あとはブレンドコーヒー。

さっきブレンドコーヒー一杯頂きました。

飲みやすくて気分が良くなるわ。

 

 

 

さてはて,次のライブはw-inds.で武道館遠征なんだが,それまでの3ヶ月また頑張らなくっちゃね。*3

ってか,三浦大知の秋ツアー発表されたね。

しかも鹿児島公演あるし\(^o^)/

チケット取れるかなぁ,今人気うなぎ登りだもんねー。

でも地元に大知来るとなれば行くしかないでしょ!!(  ̄▽ ̄)*4

しかしそうなればw-inds.武道館のためにTOKYO行く→翌日鹿児島に帰る→1日置いて地元で大知~…忙しい!!www

体力持つか,これ……( ̄▽ ̄;)

 

 

あーにしてもリトグリちゃん達秋ツアー九州ないのホント残念だ。。。orz

学園祭でも来てくんないかなぁー。

 

という,結局最後はネタ雑多になってしまう雑食系でした。

 

*1:ゴスマニ界ではライブ参戦することを"讃歌"と呼ぶのよ。

*2:期間限定でDa-iCEとのコラボ動画もUPされてたけど,特にゆーだいはハモネプ人だし,とりわけハモネプはゴスの影響受けたアーティストめちゃくちゃ多いと思う。

*3:最近調子が浮き沈み激しくて困ってる^^;

*4:そのノリで3年前のエンタツアー鹿児島公演行って,以来何だかんだで毎年大知行ってるw

【Android】ワードローブ管理アプリ「YourCloset」がなかなかの多機能アプリな件

そろそろ衣替えの時期で,夏服買い替えるか,コーディネートをどうするか思案。

ワードローブ管理アプリは便利だけど機種変してからしばらく使ってなくて。

 

以前はMy Dressingというアプリを使ってて,持っているアイテムの把握やコーディネートを作るのに重宝してた。

が,カレンダー機能がない,色別分類の機能がない,そしてなぜか充電の減りが早い,などの難点もあって。

 

ワードローブ系のアプリを色々調べてみると,XZ(クローゼット)というソーシャル系アプリが人気のようだけど,たかだか私物の管理でSNS共有はしたくはないし…。

他のアプリだとコーディネート機能がなかったり。

iOSアプリだとStyleBookが多機能で人気だけど,有料なんだよね。( ̄▽ ̄;)

 

色々探してみたところ,海外のアプリだけどYourClosetというアプリがあって。

youtu.be

日本語には対応していないんだけど,これがなかなか多機能で,しかも無料だし変な広告も付かないし(笑),これは穴場アプリではないか⁉と思って,今回はその推し記事。w

因みにAndroid限定のアプリなので,iOSユーザの方はすみません戻るボタンで。m(__)m

 

とりあえずアイテムを登録してみよう

起動画面はこんな感じ。


f:id:sai314yo:20170602105751j:image

画像は一部ぼかしてます。w

まだ登録してないアイテムもあるので空欄ある。w

起動画面はアイテムのカテゴリ別表示になってる。


f:id:sai314yo:20170602112654j:image

ナビゲーションを開くとこんな感じ。

前述の通り日本語対応してないので英語表記。

まぁでも意味は分かるので問題ない。w

 

登録したアイテムをカテゴリ別に分類表示。

カテゴリは2層になってて,デフォルトで項目はたくさん用意されてるけど,追加削除のカスタマイズも勿論可能。(  ̄▽ ̄)

右下の○に+ボタンからアイテムを新規登録。

f:id:sai314yo:20170602110742j:image

Add Clothesを選択するとカメラが起動して手持ちアイテムを撮影。(画像はアプリ内に登録されるだけでアルバムには保存されない)

Import from Galleryはアルバムからアイテム写真を読み込み。

写真を取り込んだら,編集。
f:id:sai314yo:20170602111859j:image

下の方に出てくるツールバーを使います。

一番左は画像の回転とトリミング。

ついでハサミ,自動選択消去,消しゴム。

これらを使って背景を消していきます。

ただ,ツールポインタが出ないのと画像を拡大縮小して編集できないのとで,特にスマホの小さい画面だと編集しにくいのが難点かなー。^^;

右上のフロッピーディスク(今時フロッピーなんて通じるんだろうかw)みたいなアイコンをタップすると,カテゴリ選択画面になるので,アイテムを登録したいカテゴリをタップして完了。
f:id:sai314yo:20170602113828j:image

これでとりあえずアイテムの登録は完了。

 

f:id:sai314yo:20170602115639j:image

こんな感じでアイテム登録されます。

もしアイテムを別のカテゴリに移動したり消去したりしたい時は右上のメニューバーから。(詳細は割愛)

youtu.be


f:id:sai314yo:20170602115726j:image

詳細表示はこんな感じ。

View Itemの右横の□はアイテムの色。

後述の色別分類に使われる。

登録の際に自動で色認識して登録してくれるてるんだけど,この□をタップすると色の編集画面になる。
f:id:sai314yo:20170602120158j:image

画像からもカラーパレットからも色抽出できるけど,なぜかカラーパレット上だとツールポインタが出ないorz

レ点マークをタップして編集完了。

 

前の画面に戻って,今度は右下の吹き出しをタップしてみよう。
f:id:sai314yo:20170602120816j:image


f:id:sai314yo:20170602120917j:image

アイテムの詳細情報画面に。

ここではアイテムの値段やブランド,サイズ,季節等が登録できる。

季節は春夏秋冬複数選択可能。

アイテムの絞り込み検索に反映されるよ。

 

アイテム分類はカテゴリ別,色別に切り替え可能

登録したアイテムはカテゴリ別の他に色別にも分類してくれる。

ナビゲーションからBy Colorをタップするとアイテムが色別に分類。


f:id:sai314yo:20170602121628j:image

どの色のアイテムがどれくらいあるか大体把握できる。


f:id:sai314yo:20170602122915j:image

白いアイテムを表示したところ

一部画像カットしてます。w

上のアイコンからも表示をカテゴリ別また色別に切り替えできる。

 

色分類は,色数の増減だけならカスタマイズできるけど,色そのものは自動分類で,カスタマイズできないんだよなぁ。

だから明らかにピンクなのに白のカテゴリに入っちゃうヤツとかいる。w

色の分類とアイテムの色分類を手動でも選択できるよう改善してほしいところ。

 

アイテムをコーディネートしてみる

ナビゲーションからOutfitをタップすると,コーディネートがカテゴリ別に表示。

このカテゴリも勿論カスタマイズできる。(やり方は割愛します。)


f:id:sai314yo:20170602124230j:image

右上の+ボタンからコーディネートを登録。(右下の+じゃないよ!)


f:id:sai314yo:20170602124347j:image

コーディネートの編集画面。

右上の+をタップするとアイテムを追加,-はアイテムの削除。

f:id:sai314yo:20170602124557j:image

まぁこんな感じで適当に配置。

各アイテムは拡大縮小できるよ。

右上のフロッピーディスクのアイコンをタップするとコーディネートのカテゴリ選択画面へ。
f:id:sai314yo:20170602124825j:image

コーディネートを登録したいカテゴリをタップして完了。


f:id:sai314yo:20170602124935j:image

カテゴリを開くとこんな感じ。

カテゴリ移動や削除は右上のメニューから。(またしても割愛。w)

 

youtu.be

↑公式動画ヘルプではアイテムをコーデに一括登録する方法を説明してる。

カレンダーにコーディネートを記録

YourClosetはカレンダー機能もあってコーディネートを記録できる。

以前使ってたアプリはこの機能がなかったのよ。^^;

カレンダーを使えば,お出かけの予定にどのコーデでいくか計画を立てられるし,毎回同じコーデの繰り返しにならないよう管理できるよね。(  ̄▽ ̄)

 

ナビゲーションからCalendarをタップするとカレンダー表示に。


f:id:sai314yo:20170602125858j:image

任意の日付をタップすると登録画面に。


f:id:sai314yo:20170602130022j:image

右上の人形のアイコンをタップすると,コーディネートのカテゴリ分類を表示。

あらかじめ登録してるコーデから今日のコーデを選択登録できる。


f:id:sai314yo:20170602130755j:image

 

各アイテムごとに登録したいなら右上のメニューバーからAdd Itemをタップしてね。

 
f:id:sai314yo:20170602130529j:image

カレンダーに戻ると画像ががサムネイル表示される。

 

旅行のパッキング計画も立てられる

ナビゲーションからPackingをタップすると旅行のパッキング計画の画面になる。
f:id:sai314yo:20170602131329j:image
f:id:sai314yo:20170602131317j:image
カテゴリを長押しするとカテゴリ名の編集や削除ができる。

 

新規にカテゴリを追加する場合は右上の+ボタンをタップ。


f:id:sai314yo:20170602131638j:image

カテゴリ名を入力してADDで登録。


f:id:sai314yo:20170602131756j:image

とりあえずtest

登録したカテゴリをタップすると詳細画面を開く。


f:id:sai314yo:20170602131852j:image

人形のアイコンは登録されているコーディネートからアイテムを読み込み。
f:id:sai314yo:20170602132257j:image

任意のコーディネートを選択するとこんな風に各アイテムにバラして登録される。

右上メニューからAdd Itemでアイテム単体でも登録できる。

因みにアイテムが一部被ってるコーデを追加すると既に登録されているアイテムは重複されないのよね。

旅行コーデの計画はアイテムを重複させて着回しできるようにするのが荷物を減らすコツ。

ただこの機能カレンダー機能と連携してないんだよなぁ…それこそカレンダーと同期させたらいいのに。(コーデの詳細表示からパッキング登録は可能だけど。)

 

コーデの着用履歴を分析できる

ナビゲーションからStyle Stateをタップすると登録されているアイテムのデータを数値で分析してくれる。

ここまでやってくれて無料アプリとかおいしいじゃん。(  ̄▽ ̄)
f:id:sai314yo:20170602133342j:image

登録されているアイテムやコーディネートの数とか。

一部の数値はタップするとアイテム一覧表示され,よく着用してるコーデ,逆にあんまり着用してないコーデ,着用回数の多いアイテム,逆に少ないアイテム,コーデに使ってないアイテムなどが分析できる。

断捨離の際に参考になるかも。

 

 

最後に…ナビゲーションにShopって項目あるけど日本では使えないので無視でいいです。w

 

 

ここまででざっとYourClosetの概要を書いてみたけど,詳しい使い方は公式YouTubeチャンネルがあるので,そちらでどうぞ。w

別れは突然にやってくる。~麻珠がリトグリ離れる件。

ちょっとショックでかくてあんまり気持ちの整理がついてないのだけど,このネタはツイート連発しまくるよりブログに書くべきだな…と思いまして,放置気味のブログ起こしてます。←

 

公式でアナウンスあってご存じの通りだけど,リトグリの麻珠がグループ活動を休止という形で離れることに。

ちなみに赤いヘッドフォンの子ね。

アーティストとしてさらに向上したいという本人の意向だそうですが。

今後リトグリは5人で活動を続けていくそう。

 

私自身リトグリの音楽に出会ってガオラーになってまだ日が浅いもんだから,こんなに早く別れの時がきちゃったのかと,もうなんだか。

ブログでも何度か言うてるけど,YouTubeでたまたま「永遠に」をカバーしてるリトグリちゃん達見つけたのがその始まりでした。

大サビの麻珠のあーなーたのぉー♪の破壊力が凄まじすぎて,それが歌の力に再び目覚めるきっかけになったものです。

麻珠の声ってなんかこう,空気をスパーーーーーン!!と突き抜けていく威力があるんだよね。

「My Best Friend」のOh My Girl!♪とか「放課後ハイファイブ」のイントロフェイクなんかまさにそれ。

2月に初めてリトグリのライブ行って,麻珠の声圧倒的すぎて将来喉痛めやしないか心配になるレベルで。

何となくメンバーの中では口数が少ない気がするけど,時々SNSで発信される麻珠コメントには歌に対する思い入れの強さを感じていました。

それ故にこの度の彼女自身の決断もまぁ然るべきだったのかな,とも。

春高校卒業して,その前に武道館ライブも達成して,今が一番いい時だったのかもしれない。

 

しかし私にとってあのライブが6人揃った姿を見る最初で最後になるなんて思いもしなかったよ。TT

地上波でリトグリが出る番組追うようになって,最近ようやくradikoでハモれでぃお聴取するようになって,秋にはまたツアーもあるし,またライブで会えるのを楽しみにしていた矢先。

実のところツアー静岡セミファイナルの時に麻珠が何やら意味深コメしてたらしく,ガオラー界隈で麻珠リトグリ脱退するんじゃないか説が浮上してモヤってたんだけどね。( ̄▽ ̄;)

いやぁいくらなんでも早とちりしすぎやろー( ̄▽ ̄;)と呑気になってましたが。

今思えばその時既に彼女の決意は固まっていたんだろうね。。。

 

 

話はそれるんだけど,リトグリの芹奈とも親交のある藤田みりあが今年1月にフェアリーズを脱退,引退したのも衝撃的でだな。

ホントに唐突すぎてしばしみりあロスに陥ったよね。( ̄▽ ̄;)

しかしそれまで最後まで自身の活動をやり遂げて,潔く散っていったもんだから,なんや女侍かよ!!と無駄にカッコよかった。w

あの時は突然だったとはいえ,最後にみりあがブログでメッセージ残してくれたのがせめての救いだったかな。*1

そして5人体制になったフェアリーズも何だかんだで前向きに頑張ってるみたいだし。^^*2

 

フェアリーズの件はこれくらいにして,話をリトグリに戻すとして,これから5人体制になって前向きにまた新たなハーモニーを聞かせて欲しいなって。

麻珠のほうもアーティスト活動は継続するようだけど,歌に対して熱意のある彼女だから,また新たな形で素敵な歌を聞かせてくれるものと期待しとくわ。(  ̄▽ ̄)♪

 

それにしてもリトグリちゃん達,今度Earth, Wind & Fireの武道館公演にゲスト出演とかすげぇーーー!!!(°Д°)

同世代ガオラーさん達は果たしてEW&Fはご存知なんだろうか…かくいうアラサーも世代的にはずれてしまうのですが。^^;

70s/80s FUNKを代表するアーティストとの認識はあるので,いやガチで凄い共演だわ。。。*3

 

リトグリ秋のツアー早く日程出ないかなぁ。

また歌密度の高い彼女達に会いにゆくのだ!!!\(^o^)/

今度はFCでチケ取ってやるわ。

 

 

しかし,しばらく麻珠ロスから抜けそうにないな………………( ̄▽ ̄;)

今夜もハモれでぃおだったな…どんな気持ちで聴けばいいんだ。

 

 

 

 

*1:ライジングの方々って何も言わずに唐突にいなくなったりすることが多々あるもんだから^^;

*2:それにしても今春全員高校卒業して皆めちゃくちゃ垢抜けててビビる。

*3:というか元々w-inds. crewであるが故にEW&Fを知ってたというね…多分w-inds. crewの多くがそうだと思う。

というのも,ボーカルの橘慶太がもっとも影響受けたアーティストが彼らなのよね。

その昔家族でEW&Fのライブにいったら,慶太少年メンバーのフィリップ・ベイリーにめっちゃファンサされたらしい。w

この共演慶太サン羨ましいだろうなぁ…武道館ライブひょっこり関係者席に現れたりしてw

未だ武道館に行ったことのなかった音楽ファンが初めて武道館に行くかもしれない件について

初めてリトグリのライブ行ってからもう1ヶ月が経とうとしているが,しばらく今後のライブの予定が立ってなかったため,ライブロスがひどくて。( ̄▽ ̄;)

 

ところで,w-inds.が3月14日てまデビュー16周年を迎えまして。

昨年の3月14日は両国国技館での15周年記念ライブに行くためにTOKYOまで思い切りひとっとびした九州人でありましたが,結成当時からずっとオリジナルメンバーで活動し続けている彼らの絆の深さを強く実感したライブでありました。

あれからそこは常に変化したがるw-inds.らしく,この1年で音楽性が凄まじく変わりましたが。

 

そんな彼らの毎年恒例のツアー,今年はまさにデビュー日にスケジュール解禁されるんじゃないか?と個人的に予想してたのよ。

 

大当たり。\(^o^)/

 

しかもファイナル武道館ですやん!

しかし,近場の福岡に行きたいところ今年は帰省ラッシュの時期になるのでちょっと無理だ…。

スケジュール概観して,行こうと思えば行けそうだと思ったのがまず武道館で*1,ここは思い切って武道館行っちゃう!? (  ̄▽ ̄)

 

というのも日程解禁される直前くらいに,録画してたBREAK OUT再生してたら,Da-iCE武道館のところ取り上げられてて。

リトグリちゃん達も年初に初めて武道館やってたけど,やっぱ武道館って夢の場所だなぁーと思ったわけです。

 

長年音楽ファンでありながら私まだ武道館のライブは体験したことがなくて,武道館行ってみたいなぁ,w-inds.武道館とかあったら行きたいけどもうないのかなぁー,とちょうど思ってた矢先でした。

 

こんなに早く実現のチャンスが訪れるとは。www

 

とにかく旅の計画は急げとばかり,エントリー前にさっさと航空券と宿の手配を済ませ,あとはチケットが当たるのを待つのみ。

出掛けるのは好きだけど,やはり何かしら目的とかきっかけがないと一歩踏み出せない。

そのきっかけとなるのが結局ライブになってしまう。www

逆にライブがあるとホントとんとん拍子に旅のプランが進んでしまうものです。

昨年のTOKYO旅で航空券と宿は別々に予約したほうが安くつくことは習得したのでね。

 

そんな武道館への道も楽しみであり,天候不良とかで予定が狂ったりしないか心配もありますが,その前に……

 

リトグリちゃん達行った勢いでゴスペラーズのライブにも行きたくなり,締切ギリギリでエントリーしてたのですが,無事6/24鹿児島のチケット確保。*2

6年前に宮崎の都城公演行った以来なので久しぶりですな。

当時は色々大変な事も多かった故に*3,メッセージ性の強いライブでありました。

あと,ハモりの授業みたいだった!w 

リトグリの音楽との出会いのきっかけがまさにゴスペラーズだったので,彼らのライブにも行きたいと思ったわけです。

 

こうしてまたライブの予定が次々できて,楽しみが増えたな。\(^o^)/

頑張ろ。

 

しかし痛いのがクレジット出費の山……来月から税金バンバン請求来るのにorz

 

 

 

*1:てか神戸8/4って慶太サン結婚記念日やないかい!wいいのかヲイw

*2:因みにゴスペラーズのライブは参戦とは言わず讃歌と呼ぶんだよね。

*3:震災もそうだけど宮崎は火山の噴火やら家畜の伝染病やらでも大変だったのよね

"遠征"の境界線は実際どこか問題について鹿児島人が論じてみる

ライブに出掛けるのにどこからが"遠征"か?という,アンケートに基づいたこんな記事がありました。

遠征好きアイドルオタクに聞いた、どこからが遠い?調査結果

 

記事の中で,各地方ごとに"遠征"の境界はどこか取り上げられてるのだけど,九州人でありかつては名古屋エリアにも居住歴のある私が思う"遠征"の境界について少し考察してみようかと。

 

九州人にとって"遠征"とは九州脱出のこと

異論はあると思うけれど,九州人にとって"九州以外は遠い",というのはその通りだと思います。

理由はざっと以下の通りでしょうか。

 

1. そもそも九州自体が一つの島

まず地理的に言って九州自体一つの大きな"島"であることが大きな要素だと思います。

関門海峡の壁は大きい!www

故に九州内では九州人とか言うてやたら仲間意識があったりするし。*1

 

2. 九州内なら日帰りできる?

これは居住地によって差があると思うけれど*2,九州内は概ね日帰りが可能。

私は鹿児島なので鹿児島を例に取り上げると,熊本宮崎は隣県なのでさておき,福岡は新幹線利用なら1時間半とかそこいらで行けるので大抵楽に日帰りできる。

故に福岡は"遠征"だと思っていないです,むしろ我が庭。www

 

ただ,鹿児島から長崎大分に行くとなると事情が違います。

ライブに行くと終演が大抵夜の21時前後になるので,鉄道だとまず終電に間に合わない。

陸路だといずれもマイカーで普通に行けば5,6時間くらいはかかると思うんだけど,バス利用すると大分は行き帰りとも夜行バスなのでいずれも車中泊が発生する。

長崎にいたっては現在のダイヤだと上下とも朝と夕方前の2便なので,帰りは翌朝の便に乗るしかないから現地泊が発生する。

宿泊が発生するともしかしたら"遠征"になるのかもしれません。

 

f:id:sai314yo:20170227102137p:plain

それにしても九州は車社会なので,隣の県なのに終電が早すぎて間に合わなそうなところの実に多いこと( ̄▽ ̄;)

隣の九州のおへそ熊本とかどこでも行けそうなのに熊本〜宮崎とか熊本〜大分*3は終電厳しそう。

マイカーで行けってことなのか?これ。w

車だったらほぼ日帰りできなくもなさそう,というのが九州内は近いと言われる所以なのかもしれません。*4

因みに私の場合隣といえど宮崎方面はマイカーを選択します…終電間に合わないので。

 

とはいえ九州脱出は本当に"遠い"のか

"遠い"という感覚は様々な要素が関わってくるので,どれを基準にするかによっても異なってきます。

ここまでは単純に地方という要素で"遠征とは九州脱出"説を論じてみたけど,では実際九州脱出は本当に"遠い"のか問題。

 

"遠い"の感覚の要素には他に交通手段や所要時間,交通費などが挙げられるけど,これについては以前鹿児島から各主要都市へ旅行したら実際どうなるか記事に書きました。

これを改めて分析してみようと思います。

 

交通手段による"遠い"は複数説があるのではないか

交通手段を基準とした場合,"遠い"の基準は幾つか説が考えられます。

 

1. 飛行機利用は"遠征"

主な交通手段が飛行機になる場合は"遠征"とする説。

これはごく自然な感覚ではないかと思います。

鹿児島から東名阪いずれも遠く感じる。( ̄▽ ̄;)

https://www.instagram.com/p/BBJUonDtrTJ/

因みにですが鹿児島空港は利用者が全国で9番目に多いんだそう。

その上地方空港のくせにターミナルがやけにデカい。w

日本のずいぶん南の方なんでどこに行くにしても飛行機じゃないと遠い,というのが要因かもしれません。*5

 

この要素を考慮すると,九州脱出といえど"遠征"と呼べるかちょっと怪しくなる地方があります。

広島方面です。

かつては飛行機で直行便があったのだけど現在は廃止されてるし,新幹線利用すれば3時間そこらで行けてしまうので,案外手の届きやすいものです。

日帰りは流石に無理ですが。^^;

 

2. 直通の交通手段がないのは"遠征"

これは逆を言えば飛行機で直行便があるようなところも近いとする,もはや遠征厨的な感覚です。w

つまり鹿児島からだと東名阪はいずれも直行便があるので,"近い"。*6

f:id:sai314yo:20170227090407p:plain

特に大阪にいたっては新幹線は新大阪まで乗り継ぎなしで行けるし,その他バスになんと船便まであるし,直通の交通手段がめちゃくちゃ豊富。

f:id:sai314yo:20170227101419p:plain

 

この基準でいくと鹿児島から直通の交通手段がない北陸や東北,北海道はいずれにせよ"遠征"になります。

かつては札幌便もあったのになぁ,なんで無くなったんだろう。

実際これらの地方は私自身未だに行ったことがありません…壁が大きい。^^;

九州の他の県の空港*7も調べてみたところ国内線は殆どが東名阪方面の直行便があるのみ。

大都市抱える福岡空港は流石全国の主要都市カバーしているようです…つまり福岡人にとってはどこでも近い⁉w*8

 

所要時間は交通手段によりけり

所要時間を基準とした場合だと交通手段にかなり依存するので,バラツキが出てきます。

条件によっては同じ九州内でも"遠征"になり得るし。

そもそも何時間かかれば遠征なのか,人によって感覚は様々だけど,ここでは仮に鹿児島から4時間程度を越えると"遠征"とみなして考えてみます。

 

1. 陸路の場合

鹿児島発着として高速バスだと福岡までは鹿児島空港からだと約3時間,鹿児島中央駅からだと4時間弱くらいなのでそんなに遠くない。w

ただ,先に述べた通り鹿児島から長崎大分まで行くと5時間は越えるのでここのあたりは遠征と呼べそうです。

 

2. 鉄道の場合

陸路では遠い長崎大分も,鉄道なら新幹線在来線乗り継ぎでいずれも3時間半程度で行けるようです。

福岡は1時間半くらいだから余裕。(  ̄▽ ̄)

新幹線で本州へ飛び出すと鹿児島中央から広島まで約3時間,新大阪まで約4時間。

ここが"近い"のボーダーラインになりそうです。*9

在来線のみでの移動だと熊本が限度だわ( ̄▽ ̄;)

 

3. 空路の場合

これは先述の直行便の有無に左右されると思われます。

行きと帰りで異なるけど鹿児島から大阪までは1時間くらい,名古屋が1時間15分くらい,東京が1時間半くらい。

なので東名阪どのエリアも近い。w

直行便がないエリアは鉄道乗り継ぎでどれくらいかかるか幾つか調べてみたけど,

鹿児島→鳥取: 神戸空港経由で三宮で特急乗り継いで乗車時間4時間弱(実質5時間くらい)

鹿児島→長野: 羽田経由で東京から新幹線乗り継ぎで乗車時間だけで3時間半くらい(実質4時間半くらい),セントレア経由だと乗車時間5時間(実質6時間以上)もかかるのかよ(°Д°)

鹿児島→金沢: 同じく羽田経由で新幹線乗り継ぎ4時間半以上もかかる…遠い。

仙台,北海道はどっちみち遠いので省略。( ̄▽ ̄;)

 

交通費は交通手段に物凄い左右される

最後に交通費だけど,もはや近い遠いの概念が分かんなくなります。w

距離よりも交通手段に左右されるからね。

遠征の味方LCCの台頭で早く安く行けるようになりました。

特にPeach*10などが就航してる大阪便は片道で6000円前後なんてザラなので,一泊程度の小旅行でフラっと行けるレベル。

 

因みに私の中では1泊の交通宿泊費上限3万円という個人ルールを作ってまして,それを越える"遠征"はいたしません。w

これは本当にざっくり計算になってしまうのだけど1泊2日の往復交通宿泊費を試算すれば,

大阪方面は1.5万円あれば済む。

名古屋方面はジェットスターなら2万円で何とか収まりそうだがANAだと安くても3〜3.5万はかかってしまう。*11

東京は上手く計画すれば2.5万円でいける。

 

新幹線での遠征は楽だけどその代わり交通費がめちゃくちゃかかる( ̄▽ ̄;)

フリープランのツアーパック利用したほうが良いかも。*12

 

最後にバスはこれまた遠征の味方で,例えば鹿児島から福岡乗り継ぎで東京まで最安値片道1.2万くらいらしい。

だけど実際にそれやったら多分身体が潰れる。←

安いからって無理は禁物です。w

 

鹿児島から"遠い"の境界線まとめ

以上を踏まえて,鹿児島から各地への感覚的距離感をまとめるとこうなると思います。 

 

f:id:sai314yo:20170227085900p:plain

※離島は省略しましたすみません。

ここまでで鹿児島基準に分析したので,同じ九州でも他の県だと幾らか差異が見られそうです。

 

余談: 中部地方の"遠い"の基準

中部地方在住者にとっては"遠い"のボーダーラインは関西より西,関東より北なんだそうたが,かつて名古屋エリアに住んでた私の見解としては,主要な交通手段の違いではないかと思います。

新大阪〜名古屋〜東京は東海道新幹線区間で,この間は新幹線での移動が主流。

実際名古屋から新幹線でどちらの方面にも行ったことがあるけど,いずれも日帰り可能。

それ以外のエリアはセントレア発着便が存在するところ。

勿論,九州も遠いですよね。

 

 

*1:実際先日リトグリのライブで福岡行ってきたけれど,地元のファン=ガオラーの方々は自分達のことを"福岡ガオラー"ではなく"九州ガオラー"と名乗る程。(  ̄▽ ̄)

*2:関門海峡に近い北九州とかは本州行くのもそう遠くはなさそうだし

*3:昨年の地震の影響で鉄道の直通便がやられてるのも痛い

*4:ライブにマイカーで行くことは原則あまりおすすめできないのだけど,九州の車社会事情ではマイカー利用もよくあること。

*5:鹿児島空港は離島便の乗り継ぎ拠点であるという事情もありますが。

*6:鹿児島空港からの直行便があるのは東名阪エリア以外だと愛媛の松山

*7:九州はすべての県に空港があるのよ。

*8:余談ですがK-POPペン界隈では韓国旅行は海外旅行という感覚すらないらしいけど,九州だと尚更そう感じると思います…鹿児島からソウル行きの直行便出てるけど名古屋行くくらい近いし,福岡にいたっては釜山は船便ですからね。

*9:ただ,実際新幹線で新大阪行ったことあるけど随分長く感じた。。。

*10:そういえばPeachANAの子会社化するらしいけどサービスも何かしら変わっていくんでしょうかねぇ。

*11:名古屋は格安探すのが難しい…。

*12:広島はそれで通常の往復運賃より安い2.4万円でホテル1泊までつけることできたし。